エピローグ

【夢をかける少年】

4/30

追木勤夢が目を覚ますとそこには日常が広がっていた。


朝食を食べたら、支度をして学校に向かおう。

「おはよう。」

今日もあの子の声がする。


「おはよう。」


さぁ、今日も1日が始まる。


今の当たり前がずっと続くことは無い。1日1日を大切に過ごしていこう。


そう、思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!