第41話 コボルトの娘

多少、整備された道を喋りながら歩いていく。


「なぁ、お前らって獣人の顔は区別できるか?」

「急にどうしたのよ?」

エジオで会ったリザードマン、他の店の店主、さっきの馬車の

カエルなどについて話した。

「そうね、結構違うと分かるけど細かいと判断できないわね。」

「私もです。」


やっぱり種族が違うと認識しにくいものか。

「また会ったら宜しくと言われたが誰か分からん事にはな。」

「そんなの、向こうが気付いたら声かけてくるでしょ。

あんた変なところで律儀ね。」


自分ではそんな風に思ってなかったが…

「ここらは商魂たくましいのから、意地汚いのまでいっぱいいるんだから。」

「意地汚い?」

会った獣人からはそんな感じしなかったが…


「売れるものなら何でも売るようなヤツ。例えば奴隷、まぁマシな方ね。

酷いのは内臓や身体のパーツなんていうのも売ってるわ。」

「そんなもん何に使うんだ?」

「私に聞かないでよ。」



そうして歩いている内に夕方になった。


「ここらで野宿かな。」

「そうですね。あんまり夜が更けて歩きたくないですし。」


タス…


「何か言ったか?」

「いえ別に。」

「私でもないわよ。」


…テ…


「何か聞こえる。」

「え?」

「ちょっとやめてよ!」


タス…テ…


「何よ、何!?お化け!」

「違うようですよ。」


脳筋が声のする方へ進み、草木を分けながら森の中へ入っていく。

しばらくして、


「この子に水と食べ物を。」

脳筋が抱き上げていたのは、子供のような大きさの犬?だった。



パクパク…モグモグ…


「焦って食べなくてもいいですよ。はい、これ水です。」

「あ、ありがとうございます。こんなに良くして頂けるなんて、

何とお礼を言えばいいか…」


誰かとは大違いだな。

「何こっち見てんのよ!どうせ"誰かとは大違いだな。"とか思ってるんでしょ!!」

「よくわかったな。」

「ムギャー!!」

妖精は変な叫び声を上げずにはいられないのか?


「ところで、何故あんなところに?」

「それは、逃げてきたんです…奴隷主から…」

奴隷主?

「じゃあ、お前は奴隷か?」

「そうです…」


厄介な話になりそうだ。

行き倒れを拾うとこうなる運命なのか?

詐欺師と同じパターンだしな。


「何があったか話してくれませんか?」

「…私はここから少し遠くの村に住んでいました。とても平和な村でしたが、

ヴァファール王国との戦争が原因で村は滅んだんです。」


また4年前か。

「しかし遠かったなら被害は無いはずでは?」

「ジュッド王が村の男手を徴兵した隙を突いて、ミルズ村のゲェズが

私達の村を攻めて来たんです。」



「ちょっと待て、ゲェズって誰だ?」

「ミルド村の村長の息子です。」


??


「それがなんで遠くの村を攻めて来たんだ?第一、そいつも徴兵されるべき

じゃないのか?」

「王の配下に賄賂を渡して見逃してもらったようです。攻めて来た理由は

領地を広げたかったのかと。」


隣の国と戦争してる時にやる事じゃねぇよ。


「それで争いに敗れた私達は奴隷商人に買われました。」

「王様は何かしてくれなかったんですか?」

「戦後処理と負けた悔しさで、しばらく政治に手を付けていなかったみたいです。」


確かに首都を移転されて負けたとか悔しいだろうが、王じゃないのか?

まともに統治しろよ!!


「顔が渋くなってるわよ。」

「そのゲェズってヤツも、王も馬鹿すぎてな。」


俺だったら殴ってる。


「最初に買われた御主人様にはちゃんと召使いとして扱われたんですが、

ミルズ村の村長がやって来たんです。」

「奴隷なのに召使いとして扱われた?」

「国の規定で奴隷は召使い、それ以上に酷い扱いをすると罪に問われるんです。」


そうなのか。

さっき詐欺師が言った、マシな方ってのはそういう事か。


「村長は前の御主人様から私を買い受けました。そして…そして

私に息子と結婚しろと迫ってきたんです。」


「「「はぁ?」」」

三人でハモった。


「あまりにも女ッ気がない息子のために奴隷でもいいから

くっ付けてやろうとしているらしく…」

「酷い!女の子にとって結婚は夢見るものですよ!

それを無理やりなんて、止めさせましょう!」



それ、戦争が原因って言うには間接的過ぎるだろ。

今度から行き倒れには食い物を分けて無視しよう。

面倒くさいことになる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます