僕は冬が好きだ。

冬の空気は気持がちいい。


朝早く起きると、

空気がとても美味しく感じる。


もし、この空気を、

僕だけのものに出来るなら、

誰にも教えずに、

僕の宝物にしちゃうだろう。


僕は冬が好きだ。

冬の夜空はとても綺麗だ。


夜空を眺めると、

星が今にも落ちてきそう。


もし、あの星が、

僕の足元に落ちてきたら、

そっと拾い上げて、

僕の宝物にしちゃうだろう。


だけど、

寒いのは嫌いだ。


Winter Winter...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!