破。

 ――さて。

 とうとう、奴等の巣くう「サウ太陽系」の第三惑星「アーシア」が見えて来た。

 ……何て綺麗な星だ。俺の故郷の星に負けるとも劣らない程の美しさだ。アリアに見せてやりたいな。ああ、でもこの間、俺、アリアにふられたんだっけ。やっぱり、いきなり押し倒したのがいけなかったのかな?

 まあ、いっか。細かい事には気にしない。

 ――おう!大気圏に突入したか。ガクン、と来たね、ガクン、と。このGが堪らねぇや。

 ……海だ。大きいな。

 ――見えた!あの極地を結ぶように横たわる細長い島が、奴等のいる所だ。よし、急げ!

 ――ガクン!

 な、何だ、何かにぶつかったぞ

 …何だ、原住民の建てた建物か。全く、邪魔な建物だ。地表の方では、原住民が建物の破片の落下に驚いて慌てているぞ、ざまあ見ろ。所々、小さな赤い染みが出来て綺麗だな。


 ――むうっ?地表に見える、赤、青、黄色、高い空 、もとい、赤、青、黄、ピンク、黒の五色の戦闘服姿の人影は――現れたな、極悪五人組!

 よし、地表へ転移だ!――カメラマンさん、ちゃんと付いてきてよ……あ。ごめん、ここオフレコね!


 ――!シュウウウウウ――!!ザシャアァ!!!

 地表に降りた。だけど、奴等の姿が見当たらないぞ?おのれ、何処へ隠れた?

 ――おう!奴等、いつの間にか、俺の背後の瓦礫の上に立っていやがった。しかも、恒星の日差しを背に、横並びに立っていやがる。何て気障な奴等だ、嫌いになれるタイプだぜ

『よく来たな、この悪党!』


 ――って、おい 何でお前らが言う?それは俺の台詞だぜ!ふざけやがって!!

 もう、容赦しない――、こら、お前ら、瓦礫の上で何一人一人ポーズをとっているんだ?


『レッド・ワン!』

『ブルー・ツー!!』

『イエロー・スリー!!!』

『ピンク・フォー!!!!』

『ブラック・ファイブ!!!!!』

『五人合わせて、大戦隊ジャスティス・ファイブ!!』


 ドカアァァァァァ――ンンンンッ!

 ……な、何だぁ?名乗り上げたら、今度は奴等の背後で大爆発が起きたぞ?!

 危ねぇ!絶対、こいつら危ないぞ!

 こんな所構わず爆発させる危険な奴等を、野放しには出来ない!この場で全員叩きのめしてやる!

 行くぞ、『凍結』っ

 ……何だよカメラマンさん……え、何故、『凍結』だって?もっともだ、本当は『蒸着』と言って、俺の載って来た宇宙巡洋艦にあるコンバット・スーツを俺の体の表面に転送する事によって装着されるのだ。だけどさ、物質を瞬間に転送すると言う事は、転送されるその瞬間の状態で送るという事なので、物質を構成する分子の運動が写真に写った様に固定されている。つまり、分子の運動エネルギーはゼロなのさ。転送された直後は、ゼロになった分子運動のエネルギーがもたらす絶対零度の凍気が、俺を襲う仕組みになっているのだ。

 まあ、俺は寒さに強い方だから、少し我慢すれば直ぐに暖まる。それでも毎年何名かの宇宙刑事が、敵を前にして、蒸着時に体が凍結してバラバラになっているそうだ。まあ、運が悪かったんだろうな。くわばら、くわばら。

 以上、説明終了。さぁ、ちゃっちゃと片づけますか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます