第一章‐1『“アイドル”君島海崎』

  1


 西暦二一四三年。

 生活に必要なものすべてがネットワークによって管理された社会が形成され、人類はそこに新たな生活空間を創り上げた。

 それが――電脳世界。

 現実世界とリンクしているそれは、買い物やお金の管理、飛行機や電車のチケットの予約、様々な娯楽等々、何でもできる世界であり、人々は大いにこの世界を利用している。

 さて、どこにでもある普通の一軒家の自室のベッドに寝転がっている男子高校生が今まさに電脳世界へ入ろうとしているところだ。

 しかし、特別何かしらの装置を持っているわけではないし、身に着けているわけでもない。必要な装置は自分の頭の中に埋め込まれているのである。

 一昔前は特別な装置を使う必要があったが、今や電脳世界に入るのに必要な装置――パルスイン・システムチップというものが頭の中に埋め込まれており、それを使うことで無線で電脳世界に接続する事が可能なのだ。

 それが『パルスイン・システム』である。

 いわば脳波とは一種の電気信号であり、それを利用したのがこのシステムだ。

 人の脳波の電気信号をデータ化し、それを電脳世界に送り込む。そして現実世界における肉体を電脳世界に再現するのだ。

 男子高校生はベッドに横になると、こう宣言した。


「パルスイン」


 それが電脳世界へと向かうための合言葉。

 目の前が一瞬真っ暗になったかと思えば、『Access』という青い文字が映し出され、その身体が電脳世界に構成されていく。

 電脳世界と言えど、その感覚は現実と何ら変わりない。

 五感すべてが忠実に再現された自分の身は、ここが現実ではない事を忘れさせてしまうほどに完璧な存在と化した。


  2


 そして、くせ毛の青年、榊原結城さかきばらゆうきは電脳世界の地を踏む。

 目の前に広がる光景は現実世界の光景に似ているが、それは街の構成だけで、建物はまるでSF映画のような近未来的なものが建ち並んでいた。

 そしてそこにはたくさんの人だかり。

 これが電脳世界の日常的光景。

 IT企業が建ち並ぶその七城市ななしろしは、日本の首都東京にも勝る最先端の情報が手に入れられる場所である。いわば、第二の首都と言っても良い。

 このくせ毛の高校生、榊原結城はこの七城市ななしろし福文町ふくふみちょうエリアのポートエリアで友人と待ち合わせをしているのである。その友人とは、結城の幼馴染の女の子。

 結城がドン引きするほどのオタクっぷりで、今回も彼女の用事になぜか呼ばれたのである。嫌な予感がしてならない。


(今回は一体どんな所に連れて行かれるんだ……?)


 正直、結城はオタク趣味はあまりない。まったく分からないわけではないが、七城市の副文町はオタク向けコンテンツ、つまりサブカルチャーも盛んである。まぁ、東京の秋葉原には負ける規模ではあるのだが。

 その第二のオタクの聖地には、その幼馴染の誘いがない限り足を踏み入れることはない。とは言っても、結城は幼馴染によく付き合わされているため、街の構造は隅々まで知っていたりする。

 さてさて、待っていても幼馴染は姿を現さない。約束の時間を一〇分オーバーしても、連絡の一つも寄こしてこないとは、いったいどういう事なのだろうか。

 結城はそれからもひたすらポートエリアで待っていると、また一人ここに転送されてきた。そのシルエットを見た瞬間、彼はその人が何者なのか把握できた。

 その人は肩に軽くかかるくらいの黒い艶のあるセミロングをふわっとさせながら、駆け寄ってくるなり焦る素振りを見せてこう言った。


「ごめんごめん! 遅れちった☆」


 彼女は右手に作った拳を頭にちょこんと当て、舌をチロっと出しながら言った。あまりにも無理があるぶりっ子ぷりに、結城は鳥肌が立つくらいに寒気を感じた。


「キモイぞ咲楽さくら。つか、お前の用事なのにお前が遅れてどうするんだよ」


 そう、この子こそが結城の幼馴染である色川咲楽しきかわさくらなのである。


「ごめんって言ってんじゃん。さて、時間もないしさっさと行くよ~」

「お前、遅れてきた身分でよくそんな態度取れるよな。図太い奴だなまったく」

「図太いって……女の子にその表現はどうかと思うよ?」

「お前が女の子とか、寝言は寝て言え」

「生物学上は女です~。ってぇ! 口ゲンカなんかしている場合じゃねぇ!!」


 急に叫びだしたかと思えば、咲楽は柵をスタイリッシュにジャンプで飛び越えて駆けだした。

 彼女の目的は結城に会う事ではない。

 会うなら家も隣同士だし現実世界でもできる。

 今回の目的はただ一つ。大人気ネットアイドル、君島海崎、通称ミサッキーの握手会への参加だ。彼女がいるからこそ秋葉原エリアではなく、この副文町エリアに足を運ぶオタクがいるというのは間違いない。

 しかし、なぜ結城が付き合わされるのか、その理由はよく分からない。


「はっはっはぁ!! 待っててね、ミサッキー!! 今から私が行ってあげるから」


 咲楽は女の子らしからぬ笑い声を上げながら全力疾走で駆けだした。

 結城は彼女の奇行にドン引きしながらも、幼馴染という特別なフィルターのおかげで何とか友達でいてあげられている。もし、彼女が幼馴染でもなんでもない人ならば、きっと近寄ることすらなかっただろう。だって単純に気持ち悪いから。

 軽いマラソンをした咲楽と結城はソフトマップという、パソコン製品などを販売しているお店までやって来た。ここではよくアイドルや声優のイベントを行っている。それは現実世界でも電脳世界でも同じだ。

 今ここで行われているのは電脳アイドル君島海崎の握手会イベント。

 大人気アイドルだけあって、そこはすぐに帰りたくなるほどの人の群れ。男しかいないような場所に誰が好き好んで入って行くだろうか。その海崎というアイドルのファンならともかく、結城は別にファンではない。


「おい、俺はここで待ってるぞ。あんな人の群れの中に入る気にならねぇ」

「え~!? なんでなんで? あのミサッキーの握手会だよ? 整理券だって結城の分まで手に入れてあげたのに!!」

「何で頼んでもいない俺の分まで用意してんだよお前は!?」

「だって、ゆうくんと一緒に行きたかったんだもん!」

「いや、俺じゃなくてあの子と行けばよかったじゃん。えっとなんだっけ? コミマで出会った……う~ん」

紅炎かれんちゃん?」

「そうそう! 彼女、こういうの好きなんじゃないの?」

「紅炎ちゃんはコスプレ専門だからね。アイドルは趣味じゃないんだ」

「だからって俺を誘たのか?」

「いいじゃん! 今までもこうして来たんだし」


 結城は頭を抱えながら思わずため息を吐いてしまった。

 咲楽は何をするにしても結城と一緒にやりたがる。生まれたときからずっと一緒で、今まで引っ付きながら行動して来た。今回の彼女の行いもそれだ。


「……ったく、分かったから。ほら、早く中へ行くぞ」


 ぶっきらぼうに言う結城は、なんだかんだで幼馴染に甘い。今までも文句を言いつつ最終的には咲楽の言うことを聞いてしまう。

 そんな彼の事を咲楽はこう評した。


「ツンデレ乙」

「誰がツンデレだ。聞こえてんぞこのアホ」


 実際に中に入って会場まで行ってみれば、咲楽にやさしくしてやったのは失敗だったと後悔した。

 暑ぐるしいその空間。電脳世界でも現実世界と同じように暑く感じるその仕様に、結城はこの世界の開発者を呪った。

 そして結城はこの暑ぐるしい中で思うことがあった。


「なぁ、なんで電脳世界での握手会なんだ? せっかくの握手なんだから生の人間とした方が良いと思うんだけど」

「まぁ、ミサッキーは電脳世界限定でアイドル活動してるからね。たとえバーチャルでも握手できるだけありがたいんだよ」

「ふーん、そんなもんかねぇ。俺には理解できね。電脳世界で握手して何が嬉しいんだか」


 現実世界の生身の人間ではなく、データによって作り出された人間に会えて、触れることができて、とても満足そうにしている。それに結城は違和感を抱かないかと言えばウソになる。


「なあ、咲楽。お前はヴァーチャルの世界にしか現れない海崎とかいうアイドルと握手できて満足か?」


 結城は思わず聞いてしまった。少し不安になったから。


「そりゃ、満足だなんてしてるわけないじゃん。できることなら生のミサッキーに会いたいに決まってるよ。ファンと触れ合える場所が電脳世界しかないから、だからそこで我慢しているだけなんだから」


 それを聞いて安心した。それに、周りを見る目が変わった気がする。

 そりゃ、電脳世界でしか会えないなら、そこで甘んじるしかない。ここにいる大抵のファンは、実際に会いたいのを我慢して、それが現実だから受け入れているにすぎないはずだ。


「それを聞いて安心したよ。さて、せっかくだしこのイベントを楽しもうかね」


 そう思った結城はすぐに検索エンジンを立ち上げて、君島海崎について調べた。

 インターネット百科事典の概要によると、彼女はこんな人らしい。


「えーと、君島海崎きみしまうみさき、一六歳。女性。七月七日生まれ。愛称はミサッキー、うみさきちゃん。電脳世界のみで活動しているアイドルであり、電脳世界に関するメディアには顔を出しているが、現実世界におけるメディアには一切顔を出していない、か」

「どう? ミサッキーのファンになりそう?」

「まぁ、まだなんとも。実際に会ってみた訳じゃないしなぁ。まぁ、アイドルだから顔は可愛いと思うけど」


 さっき見たインターネット百科事典にはご丁寧に顔写真が張られていた。

 電脳世界では髪型や服装を変えたり、化粧などの行為を除いて、身体を弄る行為は禁止されている。身分を偽っての犯罪を阻止するためだ。

 まぁ、身体を弄って別のものにする行為は違法行為とされて電脳世界から弾かれてしまう仕様になっているため、そもそもが不可能な事なのだが。


「ゆうくんも握手してみたら絶対ファンになるよ!」


 満面の笑みを向けてくる咲楽に結城はたじろぐしかなかった。

 昔からこの無垢で純粋な笑顔の前ではひれ伏して来た。こんな可愛らしくて、太陽のようなあたたかい笑みを向けられれば、たとえ犯罪者でも心を入れ替えて自首するであろうと思えるほどの笑み。

 恐るべし、色川咲楽!!


「もう少しだね」


 咲楽にそう言われ、列の前の方を気にしてみると、何だかんだで列の前の方までやって来たことに気付いた。前に並んでいた人をざっと記憶を頼りに数えてみると、六〇人以上はいたはずだ。それなのに、結城と咲楽の後ろにはまだまだ人の列が出来上がっている。

 ひえー、と結城は海崎というアイドルの人気っぷりに驚いていると、変な違和感を感じた。正常ではない、ノイズのようなものが近くにある。


「どうしたの?」


 急に鋭い眼光で周囲を見渡し始めた結城に、咲楽は少し恐怖を抱く。彼女にはその違和感を感じ取れていない。いや、結城以外の全員が気付いていないのだ。

 結城はとある理由があって電脳世界にあるバグや不具合が出てきたときの違和感に敏感だ。これも一種の病気なのかもしれない。


「ちょ、ちょっとどこ行くの!?」


 咲楽の言葉など聞かず、その違和感をたどるようにして列を並んでいるファンの中を掻い潜る。ファンから当然のごとく「順番守れよDQN!!」などと罵声を浴びせてくるが気にしない。列の割り込みよりも、もっと恐ろしい事が起きようとしているのだから。


「ちょっとキミ、元いた場所に戻りなさい。それ以上ルールを破るようなら――」

「……あれか?」

「ちょ、ちょっと!!」


 スタッフの忠告に耳を貸すことなく、結城はただ一点のみ、違和感を感じ取れるモノを必死に探し、見つけ出す事ができた。

 結城の目に留まったのは細めで、少し不潔感がある男性だった。電脳世界なのだから、もう少し清潔感ある服装をして欲しいものだが、彼はそんな事を気に掛ける気持ちは毛頭なかったのだろう。

 その男は君島海崎に花束を渡そうとしていた。わざわざ花束のデータを作ったのだろうか。よほど彼女のファンなのだろう。


(本当に――たちの悪いファンだ)


 結城は鼻で笑った。


「ちょっと失礼、そこのおにーさん。この花束を見せてくれねーかなァ?」


 相手を威圧するように、力強く花束を持っている手を掴み、ドスを利かせた声で結城は話しかけた。

 すると、その男性は目を泳がせ、口を金魚の様にパクパクさせた。これではまるで、自分は悪いことをしていますよ、と言っているようなものだった。

 男性は花束を奪われまいと力を込めるが、残念ながら結城の方が力があった。

 こんな細い人間と、若くて筋肉質な結城と比べれば結果は最初から分かっていたようなものだ。男性の手から花束が落ち、それを結城は左手で掴む。


「おいおい、ずいぶんと物騒なものを持ってんじゃねーかよ。洗脳系電子ドラッグプログラム。なに、イケナイことをしたかったのかな? マジでキモいなオマエ」


 その男性が目論んでいた不埒な思惑に、結城はつい本音が出てしまった。いや、つい、ではなくわざとなのだが。


「それにしても、よく検出システムを潜り抜けるようなプログラムを作ったな。あんな鉄壁のシステムを欺くようなプログラムを作れるなんて、常人じゃできる事じゃねぇ。おいオマエ、これをどこで手に入れたんだ?」


 電脳世界の秩序と平和を守っている守護システム、それが『禁止指定プログラム検出システム』、名を『EXUSIAエクスシア』という。


 このシステムがある限り、人間に危害が及ぶようなプログラムやデータを持ち込めない。持ち込んだ時点でこの検出システムに引っかかり、強制的に現実世界へと返される。

 そして、速やかに違法なデータ、プログラムを持っていた人物の情報が警察へと流れ、逮捕されるという、簡単に言えばそんな流れである。


「ぐっ……が、あああああああああああああ!!」


 彼は何か違法な電子ドラッグでもやっているのかと疑うほどに常人ではなかった。

 まず、まともなことを喋れない時点で違法な電子ドラッグの症状に限りなく近い、確定と言い張ってもいいくらいだ。

 その男は唸りながら暴れ回る。そして、ここに来ていたファンが何人もなぎ倒されていき、ドミノ倒しのように一人倒れればその後ろの人が倒れ、複数の人間の体重が一気に襲い掛かってくるとっても危険な状況。そして、そこで結城は気づいた。あの人がたくさん倒れた中に、咲楽がいる事を。


「オイお前……咲楽の楽しみにしていたイベントをめちゃくちゃにしやがって……覚悟はできてんだろうなァ!?」


 結城は右手を勢いよく後ろへと振った。これが、結城がいつも戦う前にやる行為。

 すると、その右腕は黒曜石のように黒くなっていき、ゴツゴツとした岩肌のようで、また鎧のようなものに変化したのである。


「これでも食らって警察の厄介になれよクソ野郎がッ!!」


 その右手で暴れ回っている男性の顔を思いっきり殴り飛ばした。その変化した右腕はいわゆる硬化状態にあり、その衝撃は通常の拳と比べてはるかに強力である。

 当然、暴れ回った男性はその拳でノックダウン。ピクピクと痙攣させながらその場に寝っ転がる結果となった。

 そしてすぐさま結城は人が倒れてもみくちゃになっている場所から咲楽の事を見つけ出して引っ張り出した。どうやら怪我も負う事もなかったようで安心したが、その最中、奴らが現れた。


「ガーディアンだ。そこの青年、すぐにそのプログラムを停止し、床に伏せるんだ。いいか、抵抗しようとは思うな?」

「は?」


 電脳世界を犯罪から守る警察のような組織『ガーディアン』が登場したのだが、その警告はまるで結城に向かって言っているようだった。

 さて、この場をよく見てみよう。痙攣しながら倒れ込んでいる男性。左手には怪しいプログラム。普通ではありえない、凶器となりえるような右手には咲楽の手。見方によっては人質のようにも見えなくはないだろう。

 だが、やって来たガーディアンは銃を降ろし、こう言った。


「って、またお前か……」


 そのガーディアンの男性は結城と顔見知りのようであった。

 彼は顔に手を当て、呆れた素振りを見せる。


「あ、あの! その人はわたしを助けてくれた人なんです!」


 チラッとその言葉が聞こえた方へと目を向けると、そこには何とも可愛らしい女の子が必死な形相になりながらガーディアンに訴えかけていた。

 その声の主はこのイベントの主役である君島海崎であった。

 彼女は背丈は小さめだが、その小柄な身体に茶髪のツインテールが良く合っていてとても可愛らしかった。正直、結城は彼女の顔を見ただけで好きに――もといファンになりかけてしまったくらいに。


「あ、あの、その……そこの倒れている男性が、わたしに花束に偽装した怪しいプログラムを渡そうとしていたんです。そこに右腕が黒くなっている彼が止めに入ってくれて、あの、その……!」

「あー、大丈夫ですよ。この男とは知り合いなので。ともあれ、一応確認を取ります。その言葉は事実ですね?」


 ガーディアンの男が君島海崎に事実確認した。その男はとても有名人で、ここにいる誰もが知っていた。

 阿波乃渉あわのわたる

 この七城市を守っているイケメンガーディアン。女性ファンが多く、全国のモテない野郎共を敵に回している人である。


「はい! モチロンです」

「分かりました。じゃあ、お前は事務所まで来い。いいな?」

「チッ……。わーったよ。行けばいいんだろ、行けば!」


 結城は所詮一般人であるため、このような行為はあまり許されるものではない。

 しかし、彼がいたからこそ、君島海崎に被害が及ぶ前に事件を解決できたのも事実なのだ。正式なガーディアンとして、渉は今一度結城と話さなくてはならない。

 それが仕事であるから。

 結城が頭を抱えながら落ち込む傍ら、不安そうな表情を向けてくる咲楽に、心配させないよう結城は笑みを作りながら軽く言った。


「まぁ、大丈夫だって。それと、こんな事になっちまってゴメンな」

「ううん、気にしないで! だって悪いのはさっきの変な男なんだから。それに、とってもカッコよかったよ!」

「そっかぁ、そりゃよかった。じゃ、行ってくる」


 結城はポートエリアまで歩き、一人この電脳世界を後にしたのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る