018 二人を分かつ、勝者の論理



 その後、装備の詳細を店主に伝えて修二たちはダイブアウトし、観光を再開した。サード観光は夕方まで続いた。

 意外にも、案内するべき場所について修二はアイデアがいくつも出てきて、苦労するということはなかった。


 中央アリーナのある大型アミューズメント施設『セプテントリオン』。

 サード随一のアリーナであり、その他米国産DotA形式のRTSや韓国産FPSや日本の格ゲーが群れを成して集まっている。

 修二は大体プレイ経験があったが、夏希は未経験だった。

 にもかかわらず対戦では夏希が超人的な見切りで圧勝した。面目を保つためにもと修二が選んだコンボ系の格闘ゲームだけは修二が勝った(「フルコン身につくくらいは練習したから」)。


 ショッピングモール『ベイシティ3みなとみらい』。

 ここのソフトクリームは修二の知る中で一番に美味しく、夏希はご満悦だった。不満気な顔をするセレネにイスカと合わせて味覚テイストデータのソフトクリームを買ってやるとケロッと機嫌を直した。

 イスカがソフトクリームを舐めている様子について三人が言及すると、僅かに顔を赤らめて抗議をした(『人の食事を見て笑うとは何事ですか』「いや、ギャップがあってちょっとな、可愛く見えて」『……からかうのはおやめください』と言った具合で、まんざらでもなさそうだった)。


 夏希は女の子らしく服やアクセサリーにも興味津々だったが、時間自体はそれほど取らなかった(修二は安堵した)。

 それよりは美味しいものや楽しそうなことへの関心が強く、ゲームとお菓子には顕著に反応した。


 格ゲーで一時間を費やし、RTSの観戦で一時間を費やし、レトロなメダルゲームで一時間を費やし……。


「結局遊んでただけだったな」

「いいじゃん、楽しかったよ」


 夕日を背に、二人と二体は三重立体交差点を渡っていた。

 足元を乗用車が駆け抜けていき、頭上を飛行車が飛んでいく。立ち並ぶビルは十五階もなく、夏希は先程から不思議そうにそれを見ていた。


『――次のニュースです。先週末に国際サイバー宗教テロリスト『エイリアス・ドミナント』の一集団がみなとみらい第二セカンド海上都市アクアポリスで目撃された件ですが……』


 修二は空に浮かぶ仮想投影ディスプレイを睨んで、溜息を吐いた。

 夏希はやや疲れたような目をぐりぐり擦りながら、修二に振り向いた。


「低いよね、建物」

『セカンドとは違いフロート自体が小さく、一部に建造された高層建築物はバランスを崩しかねないのです』

「船のマストみたいな?」

『はい、まさしくその通りです』


 へぇ、と抜けた返事をして、夏希はきょろきょろと辺りを見回す。

 まるきりおのぼりさんという様子で、修二は笑ってしまった。


「次はどこ行きたい?」

「うーん、夜遊びしたいのは山々なんだけど、ごめんね、そろそろ時間なんだ」


 夏希はウェアコンを叩くと、地図アプリを開いた。


「門限か?」

「ううん……あー、その。ちょっとね」


 夏希は困ったように笑って、アプリを消した。V.E.S.S.でもマップ機能はある、操作には慣れているのだろうが、それにしたって一瞬だった。

 出来が違うよなぁ、と修二は思う。この短い時間で痛感させられた。


 雛森夏希は天才だ。

 人間のあらゆる機能が抜きん出ている。動体視力、反射神経、操作の精密さ――人間普通は自分の思い通りに肉体を動かすことは出来ない、コントローラーの操作でさえも――それから記憶力に判断力。

 修二には分からないが、イスカは『確実に電脳格闘技の経験あり。日は浅いが実力は折り紙つき』と好奇心露わに言っていたので、運動も死角なしだろう。


 対して鷲崎修二は。そう思うと情けなくなる。


「……そういや、えっと、夏希は学校どうしたんだ? 今日平日だけど」


 嫌な想像を振り払うべく、修二は話題を転換した。

 けれど夏希の体が強張るのを、修二はしかと見てしまった。


「……修二くんは?」

「俺……は、サボったけど」

「あ、悪い人だー」

『付け加えて言いますと、本日は課題の提出日です。今朝も申し上げたのですが……』

「ダメだよ修二くん。がっこーちゃんといかないと。将来が大変だよ?」


 修二は冷や汗を垂らしながら己の従者から視線を逸らして、向き直った。

 夏希は、困ったなぁ、と頭を抑えた。


 その仕草が、何故か胸を締め付けるようで。


「……なんか、私のことばっかり話してる気がする」

「え、いや、うん……そうかな」

「もしかして、私に興味あるのかな?」


 意地悪げな微笑みも、どこか無理をしているように見えた。


「……まぁ、ないとは言わない」

「ふふ。嬉しいな」


 そんな逃げ口上に、夏希は楽しそうに笑うと、修二から一歩距離をとった。

 立ち尽くす修二と対照的に、夏希は疲れたように肘を欄干にかけた。


「うん、わたくし高校退学したのです」


 実はキミより年上なんだよ。

 などと、あっさりそんなことをばらした。


 修二は言葉もなく固まっていたが、すぐに慌てて二の句を継いだ。


「あ、えっと、その……大変だよな、ほら……将来とか」


 沈黙を、天使が通りすぎる、と表現することがある。

 月並みな台詞しか言えない修二に、天使たるセレネは動くこともせずに、これみよがしに溜息を吐いた。


『ねえあんた。V.E.S.S.の世界大会優勝賞金っていくらだと思う?』

「は?」


 唐突だった。


『夏希はこの大会でさくっと優勝して、そのままプロ入りするのよ。夏希が戦う限り負けはないわ。V.E.S.S.プロプレイヤーなら年収はそこらのサラリーマンよりずっと上。ほら、完璧な人生設計でしょ?』


 セレネがさも当たり前のことを説くかのようにそう説くからか、修二は一瞬そうだな、と納得しかけていた。

 さっきまでの狼狽も何処かへ消えていった。


「……待て待て。お前こそ分かってんのか、世界大会なんか何人猛者がいると思ってんだ?」

『何人いようと一緒よ、勝つのは夏希だもの――ねぇ、夏希が負ける姿が想像つく?』


 修二が黙りこくるのを見て、天使は空から己の主を仰いだ。


『ね、夏希?』

「……まぁ、誰が相手でも私は勝つよ。勉強とか苦手だしさ、それしかないし」

『ほら』

「待て待て待て待て、夏希、お前本気で言ってるのか? 負けないだなんてそんな、気軽に」

「気軽? そんなことないよ?」


 夏希はしばらく首をひねったが、ぽん、と手を叩いた。


「あー、言い方が悪かったかな。心構えの話なんだよ」

「は……?」


 何を言っているのか分からない。

 修二の間抜けな相槌に、夏希は真顔で答えた。


「勝つよ。まず前提として私は勝つ。ゲームを……特にV.E.S.S.をやるときはそう決めてるんだ。さっき修二くんに格ゲーで負けたの、すっごい悔しかったもの。でもV.E.S.S.では」


 そう言って夏希は胸元のペンダント型ウェアコンに触れて、V.E.S.S.の戦歴を表示してみせた。

 この半期の戦績。勝利数は既に三桁の後半。


 敗北数の表示欄には殺風景なくらい厳かに、丸が一つ、ちょこんと乗せられていた。


「勝つ。絶対に」


 戦闘記録マッチヒストリーに全国ランカーの名前があるのを見て、修二は顔を青くした。


「絶対だよ。これは自分の中のルールだ。V.E.S.S.での勝負では勝つ。そう決めてやってる」


 セレネですら、それを言う時は呆れたようにも見えていた。

 だが夏希は一切疑っていない。


 彼女が戦うと言うのは、つまり、自分が勝つと言うのと同義なのだ。


 修二は戦慄していた。


「――なんで、そこまで?」

「――へ? だって、勝負事じゃん」


 どこか自嘲するような声だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます