第12話「慟哭の東埼玉道路」(4)

「……え?」


 庸介に迫っていた男の足が止まった。

 いや。止まったのは、彼だけではない。

 流美や庸介、その場にいた他のメンバーまで全員の動きが止まった。

 まるで倫の言葉に凍らされたように、身動きさえできずに固まる。


「ん? 聞こえなかった? とりあえず、斬ってみようかと言ったんだけど」


(クキリン……なに……を……言って……)


 流美の心配をよそに、倫だけが歩みを進める。

 その手には、白昼に呑まれて薄く光る魔法剣マギアソードが、下向きに揺らされている。

 真夏の蒸れた空気の中。

 バーチャルサラウンドなのか、それとも実在する・・・・魔法剣マギアソードの音なのか。

 倫が揺らす度に、周囲の空気を振動させるような、ウォンウォンという鳴き声が届く。


 その音は、どこまでも不気味だ。


 ウォンと聞こえる度に、流美の背筋に寒さが走る。

 暑さで滲む汗に混じり、冷たい汗が走る。


 さらに倫の見た目も、不気味さに拍車をかけた。


 彼の上着からズボンまで、血糊がべったりとくっついている。庸介を抱きかかえた時についたらしいが、すでに乾燥して固まってしまい朱殷しゅあんに染まっていた。

 そこからは、本人でさえも気分を害する臭いがまとわりついているはずだ。それなのに、倫は意に介した様子がない。まるで「なにもなかった」かのように笑顔を浮かべている。


 それが怖い。


 だけど、逃げられない。

 誰も、逃げられない。

 たかが中学二年生男子の姿に、その場にいる大人から子供まで、声さえ出せずにいたのだ。

 いつも目立たず、庸介の影に隠れるようにしていた倫。

 彼だけが、いつもと同じように飄々としたまま前に向かって歩いている。


(いつもと同じ……じゃない……なんかやっぱり変だ、クキリン……)


 その倫の二面性を感じ、流美は恐怖とは別に背筋をゾクゾクとさせる。

 止められない、場違いな感情が湧きでる。


AROアローが人間を傷つけられないか……試してあげるよ」


 倫はそういうと、無造作に持っていた魔法剣マギアソードを握り直した。


 目の前には、スーツの男。


 顔をひきつらせながらも彼は、倫から放たれた雰囲気を喉に詰まらせている。


 歩道と車道の間ぐらいの位置で対面する二人。


 倫の顔から消える笑み。


 途端、倫の腕が振りあがる。


 走る、魔法の刃。


「――ひいっっ!」


 その勢いに思わず目を瞑り、男はやっと悲鳴をあげて尻もちをついた。

 ほぼ同時に、男の横にバサッと落ちる青々とした葉がついた木の枝。

 倫の魔法剣マギアソードが、横に立っていた木から斬り落とした物だった。

 それを一瞥した倫の顔に、また笑顔が戻る。

 今度は、いつもと同じ害のない・・・・笑顔。

 同時に全員の硬直も解け、数人がやはり崩れるように座りこむ。


「ほら。AROアローは、ゲームと関係ない木の枝だってこのとおりだ。人間の体だって、斬れると思わない?」


 倫は黙りこむ全員の目を順番に見つめていく。

 すると、ほとんどの者が目をそらしてうつむいた。


「ついてくるのは勝手だけど、この2人になるべく負担をかけないようにしてよ。いくらヒー……強くても、大変なんだからね。あまり目に余るなら、僕がその負担を斬り捨てるよ」


 眼前に魔法剣を構えて宣言する倫に、周囲が息をのむ。

 まるっきり嫌われ役。それを庸介にやらせないため、たぶん倫は承知で買って出たのだろう。

 だが、あまりにも板についている。流美が見る限り、彼のふるまいは自然体だ。

 つまり芝居ではなく、これは倫の一面性そのもの。


(なに……なんなの? こ、この普段とのギャップ……)


 流美の胸中に、熱い物がわきあがる。頬の下にゾワゾワという快感があきあがる。

 思った通りだ。流美は、自分の勘が当たっていたことを確信する。彼の中には、善と悪、はたまた正常と異常ほどのギャップが隠されている。

 それはずっと彼女が求めていた、興奮するほど好きなキャラクター性。

 顔が自然ににやけてしまいそうになる。


「ごめんなさい。助けてもらっているのに……」


 流美が感情を抑えようとしていると、子連れの母親が一歩前にでてきた。


「ただ、みんな怖くてしかたないの」


 30才ぐらいだろうか。まだ小学校低学年の娘を抱き寄せながら、緊張の面持ちながらも倫にすがるような目を見せる。


「私は、怪物に襲われて足を食いちぎられたんだけど……やっぱり数秒で元に戻って……」


 そう言いながら、彼女は左足を見せた。しかし、その足のどこにも傷跡ひとつない。ただ、履物は失われており、膝下やスカートには痛々しい薄黒い模様だけが残っていた。


 それに同調するように、「オレも治った」「私も」と誰もがARCに襲われて、身体の欠損や死に至りそうな傷を負いながらも、数秒後には戻ったと同意する。


「だから、死なないかもしれないけど、あの痛みは本物だった。幻なんかじゃない! あんな痛い思い、娘にさせたくないの。だから……娘だけでも……」


 懇願された倫が、少しだけ困った表情を見せた。

 そして、まるで尋ねるように、庸介と流美を見に視線を送る。あれだけ啖呵を切って見せたのに、もうすでにいつもの倫だ。自分で決めずに、庸介に委ねようとしている。

 その庸介も、両肩を上にヒョイとあげて、流美に視線で「どうする?」と尋ねてくる。一番怒り心頭に発していた彼女に判断を委ねたのだろう。


「……はぁ、もうっ!」


 流美は、まるで吐き捨てるようにため息をついた。

 流美とてネチネチと怒るのは好きではないし、別に見捨てたいわけでもない。


「さっきクキリンも言ったけど、別についてくるのはかまわないわよ!」


 流美は少し険しい顔をしながら、その女性に近づいた。

 警戒する女性は、自分の娘をことさらに抱き寄せる。

 だが、流美は気にしない。

 目の前に着くと、すっと膝を曲げてしゃがみこんだ。

 そして母親の足につかまり、不安そうに立つ少女を見る。

 少女の身長は、流美がしゃがむと同じぐらい。ちょうど目線が合うと、少女はピクッと怯えをうかがわせる。


「大丈夫よ」


 だから、流美は表情から力を抜き、優しい微笑を作った。

 なるべく柔らく、しかし力強く声をかける。


「助けられるかぎりは、がんばるから……ね?」


 気持ちが伝わったのか、少女も怖々とながらうなずく。


「お姉ちゃん、強いでしょ?」


「……うん」


 少女の返事で、流美はまた破顔する。そうだ。自分は強いのだ。

 なにしろ、一般人ではないのだから・・・・・・・・・・・。本気になれば、彼らを守る事ぐらいできるはずだと気合を入れる。


「だから、任せて!」


「うん。……でも、お姉ちゃん、なんでドラゴンとかよべるの? 魔法使い?」


 少し緊張が解けたのか、少女が顔を上げて流美を見ていた。


「ん? ……ふふ。そうだよ、魔法使い。これでもお姉ちゃん、【龍王】……ドラゴンの王様って呼ばれてるんだから!」


 流美は立ちあがる。

 そうだ、私は【龍王】。もう油断はしない。

 倫のことは気になるけど、それは後回しだ。

 まずは、目的地に行かなければならない。


「あのぉ……」


 ふと今度は母親が、流美に目線を合わせてくる。

 そして、遠慮がちに尋ねる。


「あなたたちは、どこに向かっているの?」


「KCHよ」


「KCHだと!?」


 最初に庸介に文句を言ってきたスーツ男が割ってはいる。

 他の十数人も、一瞬だけざわめく。


「……けーしーえっち?」


 少女が首を傾げながら見上げてきたから、流美は「そう」と大きくうなずいた。


「KCHは、【越谷中央高等学校コシガヤ・セントラル・ハイスクール】。そこで、私のお姉ちゃんが待ってるの」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!