インターネット上にAIが生み出した「バグ」が散乱し、それらが生み出す精巧に作られた偽情報に、信憑性の高い情報が端に追いやられていく。企業や記者は「実在する個人」である事を証明するIDを使って対抗するが、データ上で表現できる情報(文字・写真・音楽・絵など)は全て「バグ」がコピー、増殖させる事が可能で、本人の成りすましが現れる。最終的にはネットは信用できないものとされ、「正確である情報」の価値が上がった世界での話。アナログに回帰しつつある世界、web依存による流通や娯楽が途絶え、IT難民が列を作り、世界的な恐慌がやってくる。



( ゚Д゚)……そして?


そして、主人公は、主人公は……
その「正確である情報」を手に入れる仕事を

頭の中がまとまらない( ;∀;)