書きかけの長編をずっとサボって、短編書いたりしてましたが、ようやく再開。待っててくださった方々には感謝!
頑張って続き書くので、今年もよろしく。

98件のコメント

  • さて、長編を書かねば、エッセイなんぞ書いてる場合じゃないと思って自粛してたんだけど、いろいろ紹介したいのがあるんだよねー。
    長編1話につき、1話好きと叫ぶ!
    さて、今日は何を。

  • よっしゃー
    カクヨムコン4の長編からいくつか挙げてみたよ。
    まだまだあるけど、そんなに読めないよなあ。
    ★いくつくらいが通過ラインなんだろう?ジャンルによってかなり違いそうだけど、異世界ファンタジーは多めに通過するだろうか。

  • 現ファンが厳しい戦いのような気がする。
    参加者多いし、上の方の星の数、すごいものね。
    私は長編は早々にリタイアしたけど、その分、気楽にいろいろ読めました。良かった。

  • 短編も今の時点で3,703作品ですって!
    多いなあ。
    500よりはもう少したくさん読んだかな……
    読者選考期間に多分全部で1000くらいは読むと思う。星とかハートとか入れることもたまにありますが、お気になさらずに。無視していいですからね!

  • めっちゃくちゃ読みはるんですね…凄い…特殊能力のそれですよ!

    鹿せんべい売りが上位にあるのですが、コミカライズされたマダム京子さんが観たいので、ぜひ頑張って欲しいですw

    長編、私も撤収するかそのままにするか悩んでおります。
    最終回を投稿してから、次回があれば再応募しようかな、なんて。
    年末年始に不測の事態が多過ぎて執筆できなかったことですね…。

    それにしても悔しいのは、月の裏ネタが現実になったこと!

    SF書きの辛さと楽しさかなぁと。
    いいよ、いいよ、現実もっと飛び越えたるけぇ!w

  • いらっしゃいませw
    月の裏ネタは、さほど気にすることもないかと思いますが、やられた感はありますね。どんまい!
    カクヨムコンは完全に読者選考ですから、今のままだと厳しいでしょうね……
    これ、システム上の制限もあるんだと思いますが、応募期間が終わると、コンテスト参加を取り消すことができなくなるのです。いったん作品を下げてしまえば取り消されると思いますが、他のコンテストや公募に応募しようと思ったら少し困るみたい。
    そういう予定がないなら、参加したままにしておくとコンテストが終わった後で、「抽選で講評を」っていうキャンペーンがあるんじゃないかと思います。

  • あと、そんなにたくさんは読まないんですよ。短編コンテストは古い作品も結構出てるので、以前読んでいるものまで含めるともう500は超えてるだろうなと思います。数えてないけどね!

  • 今までいろいろ読んできた中には、紹介しても共感が得られそうにないなと思ってそっと星だけ入れてた作品も多い。
    ところが最近、そんな作品を高羽さんが拾い上げてくれるので、面白い。嬉しくなっちゃうね。

  • 相変わらず高羽さんの好みはもやもやっとして、よく分からないんだけれど。
    私の好みも、もやもやっとしてるw
    でも、うみさんがお勧めしてくれる作品は、かなりあたりが多くてビビる。……よまれてる?

  • 会話を積み重ねることによって、好きそうな作品がぼんやり見えてくるのは、何だか楽しい。
    いつもお相手してくれる皆さま、ありがとう。

  • 今年の目標は、叶さんの好みをビシッとあてることだ。
    どうも、叶さんの好みはかなり外してるらしい。
    しかし、そうなると私が読む範囲を広げないといけないんだよなー

  • 叶さんは……。
    実は、『触らないで』じゃないかと。
    トップにいつも書いてあるし。
    >イソギンチャクの方は……触らないで……

  • イソギンチャクは、触るときゅっと縮まって、可愛いのです(笑)

  • ふもふも



    ……殻有り

  • 殻なしは、庭にいっぱいいるけどね……

  • マイお気に入り検索ワードに
    「ナメクジ瞬間移動説」ってのがあるんだけど、聞いたことあります?
    ナメクジって結構瞬間移動するよねって話!

  • カクヨムコン落ちても、別のコンテストに応募はできるそうです。
    が、再応募するコンテストの条件次第なのでご注意を、という至極もっともな話でしたw

    一旦取り下げた方が難しいんですか!?
    意外です!

    はぁ、読者選考って難しいです。
    私も考え方を変えねばなぁ、なんてw


    紹介しても共感得られないかもということは、それだけ間口が広いって事ですよね。

    物書きとしてはうらやましいです。どれだけ沢山のモノから『いいもの』を抽出できるか、加工できるかってところが、肝ですもん。
    露悪小説に善を見いだしたり、エロから至高の愛に考え至ったり。

  • いやいや、違います。いったん取り下げたら難しいんではなくて……私も詳しくないから説明しにくいなwww
    読者選考はどのくらい通過するか分からないから、今までは応募者の1割くらい通過していたと聞いたけど、今回はどうなんでしょうね。
    異世界ファンタジーと現代ファンタジーは厳しい争いになるかと思います。

  • 紹介しても共感はされにくいだろうなと思う作品はあります。
    私自身は結構いろいろなジャンルを幅広く読んでる(少なくともwebでは)と思います。読むのが好きなだけなので、それが書く方にはなかなか応用できませんってw

  • 小説を書く、というのは初めてですし、まぁ、なるようになるさでやっていきますw

    宇宙戦争の方は特に大事にしていきたいお話だったので、もっとリファインしてからの方がいいのかなあって、迷ってしまいましたw


    それにしてもファンタジーの枠が大き過ぎて…せめてライトSFは分けて欲しいなあ。

    読むスピードが速いのは凄まじく羨ましいです。むかしはまだマシでしたが、ずいぶんと文字書き世界から離れるとダメになっています(汗
    頭の中で音読してますもん。

  • そうですね、なるようになりますw
    コンテストとか公募はいくつもありますから、同じ作品でも別のところに持って行くと採用されることもあるといいます。いったん書き終わって、ちょっとクールダウンしてから公募用に修正するというのもありかなー?どうでしょう?書く方のことは全く素人なので、毎日手探りですw

    SF、好きですけどね。今はwebラノベはファンタジーと恋愛が勢いがあるっぽい。
    まあ、なににしろ、自分が好きなことをのんびり書いていけたらいいなって思います。

  • 私の好みは原田知世です!

  • ゆうさん、レビューありがとう♡~(>᎑<`๑)♡

  • 原田知世さんね、了解です。
    そのへんも踏まえて、叶さんが好きそうなホラーを探すわw

    翠さん、さっき見に行って、星を忘れてたんで、慌てて書いた!

  • 叶さんの好みは、私にもちょっと難しい。
    何気に守備範囲広いし……
    意外と純情派な気がするんだけど、いや、勝手な想像です。

  • どうせみんな、私にはおっさん与えとけばいいと思ってるんでしょう(笑)

  • 私に合わせなくていいですからw
    きっとあれですよ。競馬で言うと1000mと3600mが得意で中距離はからっきし、みたいな極端な奴なんですよ。

    翠ちゃんはそれで半分以上はカバーできてる気がするけどw

  • 障害馬かもしれん。

  • えーっと、よく分からんけどまとめると
    叶さんの好みは原田知世似の馬で清純派
    翠さんはおっさん
    おっけ?

  • 翠さんは半分おっさん

  • 失礼な!

    ふへへ

  • 翠さんにはもう何度もおすすめしてるけど、これだ!
    おっさんじゃなくてじいさまだけど、間違いないはず。

    「辺境の老騎士」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054887903142
    むちゃくちゃ強い、じいさま。かっこいい!超かっこいい!

    「限界集落・オブ・ザ・デッド」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054882236879
    後はこれね。これもじいさん、超強い!サムライっぽい?

  • 叶さんにはとりあえずこれを。
    そろそろ必要かと思って……

    「体外臓器」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054881546122/episodes/1177354054881546127
    短いから読んでも大丈夫!

  • あ、叶さん、こっちでもいいな。こっちのほうが原田知世さんに近いかもしれん。

    「呪われた竜と恋の話」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054883013648
    派手なドラマは全然ないけど、好きになるってこんな感じだなあと思う。

    ずっと前に星入れた中から探してみました。

  • 辺境の老騎士は好きそうな臭いがするにはするが……
    ひゃくまんもじも読める訳がなかろう(笑)
    そしてホラーはムリだって(ヾノ・∀・`)

  • むむむ。
    webで、これ以上のいけてるジジイを探すのは至難の業ですよ?

  • 笑。
    ひとつ。大きな勘違いがあるのよ。
    私はね……。
    端役のおっさんに勝手にストーリーを作り上げるのが大好物なの!
    クテシビオス先生のように!!
    ニキシマさんのように!! 笑

  • ぐはっ

    そ、そうだった……

  • 端役のジジイの良さそうなのまでは覚えてないなあ。
    何気に難易度高いです!

  • おっさんが殿のためにどっかで腹切ればいいねんて。
    難しくないw

  • 殿が泣くやん……

  • おっさんが殿のためになあ……なるほど。
    殿は泣くんだろうか?
    うむ。

  • ああ見えて殿は泣くよ。
    てか。泣け。笑。

  • ひ、ひどいwww

  • そこまでは、もう少しかかるなw
    ようやく登場、仮想敵ぽよよーん。
    うみさんはがっかりヒロインを書くのが上手いな!

  • ぽよよんて(笑)

  • 殿は泣かないよ。

    後ろを向いて肩を震わせて、

    出陣じゃ!
    っていうねん。

  • あれは駄女神になってしまった。妖艶とか言うから

  • それを泣くって言うのよ♡

    うみさんの妖艶って(笑)

  • うみさんの妖艶は、アレ。
    じゃあ、うみさんが描く蠱惑的な力士は……

  • 「鮫枕」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054888101276

    これは……かわいい鮫のぬいぐるみの話。
    この手の、振出しに戻るタイプの話ってわりと好き。自分でも使ってしまうなー



    ああ、なるほど!
    https://www.fnn.jp/posts/00410340HDK
    これか!!

  • 男キャラは任せろ!

  • そ、そうねw
    うみさんの書く男キャラ、好きよ

  • 「私、メリーさん。47日後に逢いに行きます」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054887711647

    これ、好きだ!

  • 「体外臓器」と「呪われた竜と恋の話」読みました。
    良かったです。年取るとこういうのが良いと思うようになるのかも。

  • うみさんが書く蠱惑的な力士……笑

  • うみさんはしょくしゅを書いています

  • リリアナを使って書いています

  • 叶さん、忙しいのにごめんねw
    ほんと、叶さんは何でも読めるな。よく分からん。
    いや、一応本当におすすめのを挙げてはいるんだけど。

  • うみさんは触手とヨシタツを出さずにはいられないのだよね。仕方がない。

  • 蠱惑的な力士について補足

    最近翠さんは「性別不詳の蠱惑的な力士」というキャラで売り出そうとしているとか、していないとか。
    誰得!

  • しょくしゅはかのうさんへのサービスサービス。

  • ヨシタツ愛だな

  • 「ささやき」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885599323

    私にしては超珍しいチョイス。
    詩!
    普段はあまり読まないんです。でも注目の作品にあったので、ついふらっと見に行きました。
    短い文で、情景が見えて、良いですね。

  • 珍しいんだ(笑)

    よかった。好き。

  • おー、読んだのね。良かったw
    詩は普段は読まないなあ。私はストーリーが好きなので。
    ただ、これは長さがちょうどいい。文字も読みやすくて頭に入りやすい。パッと見て雰囲気とかわかるので、写真を見る感覚かもしれない。

  • ここまで読まれてるか分かんないけど、ちょっと補足

    「血海に潜る」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884190535
    設定がかなりヤヤコシイので、さらっと読んだんだと分からなかったりします。あと、残酷シーンが多いので、そういうのが苦手な方はダメかなと。
    じゃあ、どの辺が好きなのかと聞かれたら一言でいうのは難しいんですが、一本の映画を見ているような感じと言えば分かるでしょうか。
    一冊の本として綺麗にまとまってて、没入感がすごい。
    世界観も、ちょっとSFっぽくもあり、ミステリーやホラーの要素もあり、気合が入ったアクションもっていう、多ジャンルの混ざり具合が何とも言えず好きなんです。雰囲気がなんとなくとしか言えない自分の語彙力が残念過ぎる。

    同じ世界観で
    「電海に灰が舞う」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884911801
    もあります。こちらの方が残酷シーンは控えめで、なおかつ構成もよりスッキリまとまってる。キャラもいい。
    なので、読みやすさで言えばこっち。
    ただし、時間軸がこっちのほうが後なので、私は時間順に読むのが好き。

  • 我ながら、しつこいですねw
    すんません

    お気になさらずに、さらっと流してー

  • 何度も推していただき、感謝しかございません。ありがたや……
    そこまで言われたら、続編を書くしかない、のか。
    何海にすればいいんだろう。
    『林海に虫が這う』とか。
    いや、海にこだわる必要もないか。
    『爽快に奢る』とか。

  • 続編はいつでも良いですよ。
    気長に待ってます。
    リミットブレイク長編化が先に来ても、全然構いませんよ。
    この2作のタイトルはかっこいいですよね。林海に虫が這うのはどうだろw
    今日見た芋虫ですか?

  • 「或る異形の恋とそれに伴う当たり前の結末」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886731027

    心を持ってしまった彫像の話。
    こういう、何かが心を持ち始めるって短編は結構好きなジャンルかもしれない。

  • 「そして、君と一緒に」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054887561895

    長編になると読まないジャンルだけど短編なら読むってのはあると思う。私の場合、恋愛とかは特にそう。これは恋愛がテーマって訳じゃないけれど。

  • 個人的なメモ
    どこまで読んだか分からなくなるので。

  • https://kakuyomu.jp/search?contest_path_segment=kakuyomu_web_short&contest_category_number=2&order=popular&page=16

  • https://kakuyomu.jp/search?contest_path_segment=kakuyomu_web_short&contest_category_number=6&order=popular&page=11

  • ぐーあぐあ。

  • まるで読む暇がないぐあ。

  • 今は書く時期ってことでw
    私がかわりに読んどくから。

  • 「カネサダを北極星へ向けろ」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054883558979

    ゾンビだった。
    あと、武道。
    主人公は中三の男の子で、そりゃあ無理でしょうって感じの世界で目的に向かって進む話。
    最初はどうかなって思ったけど、4話過ぎくらいからかな、続きが気になり始めた。
    良かったと思う。
    そしてゾンビには勝てないと思うw

  • 「刀剣オカルトMØDE」を読んだ時も思ったんだけど、カネサダも刀剣オカルトも、バトルシーン?剣劇?が、メインテーマっぽい。
    自分には全く興味がない分野なので、レビューが書けない。かなり悩んでみたけど、やっぱり書けないわ。
    ただ、「面白かったです」だけ書くってのもなんか違うし……
    書く人のこだわりが強い部分に踏み込んで感想書くのは、難しいな。

  • 今日は読んじゃったなー。
    夜は少しは書くつもり。

  • と宣言して、自分を追い込む作戦!

  • とか言いながら、いつまでもここでウダウダしている月曜日。

  • あ、そういえば地味にタイトル変えました。地味に。

  • 剣か、

    えくすかりばあああ!

    どかーん。

    ぐばああ

  • 戦国エクスカリバーを長編にしてくれても、私は構わないんですよ?

    そしてハウジングは、グバアさんの活躍に期待してるw

  • グバアさん頑張れ!

  • 戦国エクスカリバーは、異世界ジャパンじゃないとアレかなあ。
    人外とのバトル方針?
    それだと歴史物としておもしろくない。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン