不意に思いついたアイデアから形にした短編を一個投げておきます。
一応完結してますが、ここから広げて長編にすることもできなくはなかったり。