先日、「俺、自称前世の恋人に愛されすぎてます!」の最終話を投稿しました。以前お知らせしたように、十月中に無事完結できてホッとしております。…………本当はもう少し早く、投稿するべきだったと深く反省しております。お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。

 途中、何度も失踪してしまいましたが、それでも最後までやり切れたのは読者のみなさまあってのことです。多くの応援やコメント、レビューを頂き、改めてここで感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 また後日談として、現在の所もう一話投稿する予定なので、そちらもよろしければ、読んでいただけると嬉しいです。


 
 以下、完全に余談です。


 さて本作ですが、カクヨム初投稿作品ということもあって、思い入れは強かったです。そのため、完結まではしっかり描き切ることは最初から考えておりました。それでも途中、筆を止めてしまったのは、偏に実力不足を痛感したためです。
 自分が表現したいものを、上手く表現できているのか。そもそもこれは、楽しんで読んでもらえているのか。物語を進めるにつれて、自分の中でのズレが大きくなってしまい、それを見過ごすことができなくなってしまいました。

 それでも、当初構想していた通りに締めることはできたので、その点については少しだけよかったと思っております。それでも、やや展開が性急だった……そもそも、構成がちぐはぐだったりと、課題は多く見つかりましたが。
 まあないものねだりをしても仕方ないので、今自分に足りないものはこれからの執筆活動において身に着けていければいいと思っております。

 最後になりましたが、本当にお世話になりました。ごくわずかでも、この作品をいいと思っていただければ、それ以上に嬉しいことはありません。