着想はよかったのだ。そう思いたい。

どうして勇者が最初にもらえるのは、いつまで経っても安い資金としょぼい装備だけなんだろうか?

そうしたことの裏側を描ければ面白いかな?と思ったのだ。

しかしそうなるまでの紆余曲折があまりに長くて迂遠だった。できるだけリアリティをつけたい、いろんなフツーの人を出したい、そう思ううち、話の本筋はドンドン脱線していく。

まったくファンタジーでも何でもない、オッサンたちが愚痴るだけの小説になり下がってしまった。

結局、どうして勇者は旅立つとき、しょぼい装備だけで放り出されるんだろう?答えがでるのはいつになるやら。

もしかしたら全体的に話を再構築しなければ、ならないかもね。