ご無沙汰しておりました。
来ノ宮志貴です。


一年以上、小説の執筆から遠ざかっておりました。

大変申し訳ありません。



自慢ではないのですが、一つのことに集中すると、他に手が回りません。

いくら先のことでも、予定があると気が急いて仕方がない性分をしております。

そんなせっかちな私が、主人と結婚式を挙げる日に選んだのは、2017年7月16日。なんと、その予定を立てたのは2016年の5月、つまり1年以上前のことでした。

にもかかわらず、せっかちで心配性な私は、すぐさま結婚式の準備を始めました。

自分たちで作れる物は自分たちで作るをモットーに、とにかく手作りしまくりました(笑)

デジタル作品担当:主人。
アナログ作品担当:私。

挙式後のアフターセレモニーで使う折り鶴シャワーから始まって、ブーケトスの代わりに行うベアートスのテディーベア、招待した皆様に付けていただくリストレットとブートニア、ウエルカムスペースに飾るリースや小物、フォトフレーム、挙句の果てには、和装時に持つボールブーケまで、とにかく何でも手作りしました。

その合間にも、小説の執筆に取り組んではいたのですが、結婚式が半年後に迫り、式場との打ち合わせなどが本格的になってくると、私の心には余裕がなくなりました。

気が急いてしまって仕方がなかったのです。

とにかく結婚式の準備の為に手を動かしていないと落ち着きませんでした。

その為、私にとって大切だったはずのライフワーク=執筆が、ライフワーク=結婚式の準備に変わり、カクヨムの更新は滞りました。