ついに(了)の文字を打つことができました。長かった……
書き終わってみると、エピローグまで45話、186,930文字でした。
いやはや、なんでこんなに増えたのか。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

応援♡やコメント、レビュー☆やおすすめレビューを書いてくださった方、
本当にありがとうございます。励ましていただき、力になりました。皆さんの応援があったから完結まで折れることなく更新できました。

また、twitterのほうでもRTやいいねで支えていただき、嬉しかったです。
ありがとうございます。


カクヨムコン3終了まであと少し、この後は読者として楽しみたいと思います。
皆さんに感謝を!

3件のコメント

  • こんばんは、失礼します。
    いつも「瑠璃の王石」を読んでいただきありがとうございます。順番にきちんと読んで下さるだけでもう感激です……!
    長編が完結されたということで、1つお尋ねしたいことがあるのですが、
    松果さんは構成を練るところから全て含めて、どれくらいの期間で約18万文字という長編を書き上げられましたか?
    私はものすごく執筆速度が遅いという自信があるのですが(笑)、他の方はどれくらいの期間で長編を完結させているのだろうと思いまして。
    もちろん、人によってかかる時間は全く違うと思いますし、違っていて当然だと思います。しかし、一つの参考にさせていただけたら嬉しいです。

  • こんばんは、コメントありがとうございます。
    期間についてのご質問ですが、じつはこの「20世紀ウィザード異聞」は10年くらい前に一度完結した作品の焼き直しなのです。
    構想(というより妄想)をブログ小説の形で書き始め、最初に完結する(2008年)まで約1年。その時点で17万文字くらいでした。
    その後、投稿サイトや自分のHPなどにアップする度にちょっとずつ改稿していき、数年のブランクの間もちょこちょこ加筆したりもしましたので、現在のカクヨム版でやっと完成形になったとみるならば「10年かかった」とも言えます。
    あまり参考にならなくてすみません(大汗)


  • 今の完成形とは違うものの、1年で17万文字を書き上げたということですね。十分参考になります! 私の執筆と比べると、ものすごく早い、という印象を受けました。と言っても、私がものすごく遅いのでしょうが……。
    私もよく後で改稿やら加筆やらしています。おかげで話がなかなか前に進まなかったりします(笑。
    ご回答ありがとうございました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン