ども。
こんばんは。新巻へもんです。

新作を公開しました。
「ブランズウィッチの吸血鬼」です。読者参加型の中編の予定。
ストーリー的にはオーソドックスな吸血鬼退治ものです。

なんで、このような作品を書いたかというと、本棚からゲームブックを発掘したから。皆さまはスティーブ・ジャクソンという方をご存じでしょうか?
ゲームデザイナーなのですが、テーブルトークRPGを本にした「ソーサリー」シリーズなどでも知られています。

ぶっちゃけ、ゲームとしては自由度が無く、なんのヒントも無い分岐の選択次第では即死する(T字路で右に進むと罠にかかって死ぬなど)ストーリーだったりして微妙な感じの作品もあったりします。

なにより、隣のページが見えちゃって先の話が分かってしまうというのが……。その点、ウェブ小説ならリンクをきちんと張っておけば大丈夫。よっしゃ、いっちょやったるでえ。
ぐは。リンク張りの作業がこれほど面倒だとは思いませんでした。とほほ。

け、決して、連載中のラブコメに行き詰ってるからって気分転換に余計な事を始めたわけではありません。

ではでは