拙作【勇者に「無能はいらない」と追放されたけど、他の仲間が全員俺についてきた件】の第二章を楽しみにしてくださる読者の皆様、ごめんなさい。

書き溜めが、全然出来ておりません!!!

構想自体は最終話まで出来てるんですけど、こう……思ったより筆が乗らなくて。
別のサイトで、息抜きにエロ小説書いてたらそっちがランキングに上がっちゃって――熱中してたらいつの間にか一週間過ぎてました。

17日に更新する分しか書けておりません。
このままだと、第二章は恐らく更新頻度がかなり落ちてしまうと思います。

マジでごめんなさい。

今からでも第二章を書いていくつもりではありますし、最後まで書き遂げるつもりでもありますが。
それでも、隔日更新ひいては三四日おき更新になる可能性が高いので、予め謝罪させていただきます。

ごめんなさい。




追記

沢山の励まし、本当にありがとうございます。
沢山のコメントが来ていたので、追記にて纏めて返信させていただくことをお許しください。

ところで、エロ小説の方は……まぁその……ツイッターでそれとなく宣伝してたりしますので、興味ある方は是非。