あー。

はい!完結いたしました。最後までお付き合いいただいた皆様には月並みな「ありがとうございます」しか出てこなくて本当にもうしわけないです。

あとがきっぽいものも何か書けるわけでもないのですよね。頭の中にはいつもどおり、まだまだ書いてないエピソードが生まれてきてしまうので。

それでもこれは、ひとつの文章作品で。

そうであるのなら、ひとまずであろうとなんであろうと「始まり」がある以上「おしまい」が必要なのだと、そう思っています。

なので、また書いてしまうと思います。元々この強盗童話っていうのは、私が、私のために、私が書きたいだけを書けるように考えた話です。

正直、書きたいだけを書ききってないので、やっぱりまた新たな頁を開いてしまうと思います。

その時になって、またこの強盗童話に関わってやろう。そう思った方はいつものように頁を開いてくださったら幸いです。

お付き合いありがとうございました。近々コンテストまったく関係無いご報告と、あとは読了してくださった方向けに設定集……違うな、なんだ、えーっとほら。

DVDの音声映像特典みたいなアレ。ああいうのを「書く」ので。

それから応援してくださったお声にひとつひとつお返しできたらな、と思います。今ならまだ間に合う(震える)