• 異世界ファンタジー
  • 詩・童話・その他

短編小説「フローズン・ハードボイルド・エッグ」投稿しました。

 SF短編小説「フローズン・ハードボイルド・エッグ」を投稿しました。
 これは2021年に集英社Webマガジンコバルトで募集された「ディストピア飯小説賞」応募作でした。
 最終選考には残りましたが、残念ながら入選ならずでした。
 ほのぼのお楽しみいただければ幸いです。

以下あらすじ

 地球温暖化が進んでいた地球。ある日宇宙のどこかから異星人「熱食人ヒーティヴォア」がやってきたことで、地球は燃え尽きることなく今年も平凡な冬を満喫できている。
 寒さに舌打ちするイマドキの平凡な高校生「ぼく」は、金魚鉢みたいなヘルメットの宇宙服を着こんだ熱食人の「先輩」と映画を観に行くことに。
 ファミレスで向かい合う高校生と、金魚鉢頭の宇宙人。
 冷めたドリアと灼熱の焼き石が並ぶテーブル。
 ちぐはぐな二人が交わすのは、映画の感想に、進路相談に、ルームシェアの話。
 これは、いつか星の海の端っこで、地球が凍り付いた堅ゆで卵になってしまうまでの、長い長い先送りの物語。
 すこしふしぎな光景をやんわりとお届けする、SF青春短編。

コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する