ようやく部屋から脱出しました。既にあれな感じですが、
ここからいろいろとエグい感じになっていきます。

それにしても、だいぶ前に書いた小説ということもあって、だいぶ粗いですね。。矛盾する部分も多々あると思いますが、広く寛大な心でお読みいただければと。。