先日、スターツ出版文庫から刊行された、『僕が恋した図書館の幽霊』を買いました。
前はカクヨムにも公開されていた聖いつきさんの作品ですが、他サイトで賞を取って、現在カクヨムでは非公開となっています。

この『僕が恋した図書館の幽霊』、主人公は創(はじめ)と言う、大学二年生の男子学生で、彼の通う大学の図書館には、ある噂がありました。それは、その図書館には優しい女の子の幽霊が住んでいて、疲れて転寝している学生がいたら、優しくコートをかけてくれるというものでした。
そんな不思議な噂がある図書館で、創が出会ったのは黒髪の少女、美琴。彼女に一目惚れした創は、毎週水曜日に彼女と会うようになり、距離を縮めていく……。

大学の図書館を舞台とした、ボーイミーツガールです。実はこの物語は、同作者様の別作品、『光風の伝言 -平成元年物語- 』と同じ世界のお話。これは創の親世代が活躍する物語となっていてカクヨムでも読むことができます。こちらも大変感動的な、恋物語となっています。

切なさとピュアな恋心が合わさった、大変好みな作品で、いつか自分も、こんな感じのお話を書くことができたらと、思わずにはいられませんでした。
とても素敵な作品なので、興味を持たれた方はぜひ読んでみてください(≧▽≦)




さて、ここで少しカクヨムコンの話をします。

素敵な作品を読んで、自分の作品にもそれを反映していきたいとは思うのですが、なかなか上手くいきませんね。
カクヨムコン用に書いていた小説、もうほとんど完成していて、全部で20万文字くらいになると思いますが、ここに来て思うのです。これって、本当にコンテストに出すだけの価値があるのだろうかって。

もちろん面白くするように書いたつもりです。ですが今回は書いていて、考えがあっちに行ったりこっちに行ったりと、かなり行き当たりばったり。絶対に矛盾点や、話が繋がらない部分があるので、推敲作業は苦労しそうです。
カクヨムコンまで、後一カ月と少しあるので、今から頑張れば新たに作品が作れない事も無いと思うのですが……そうそう良い話なんて浮かびません(-_-;)

一応、こんなのが書きたいって言うのはあるのですけど、起こす出来事や、読んでくれた人が納得のいきそうな結末が思い浮かぶかと言われたら、うーん。
キャラクターが浮かんで、イメージもしっかりしていて、書きたくはありますけど、ストーリーが全然ダメなのですよ。既に書いた小説を、少しでも良くするように改良を重ねるか、それともほとんど形になっていないアイディアで、頑張って書いてみるか。難しいところです(;´∀`)



最後にお礼です。現在連載中の『バイトの先輩に恋をしたけど』のコメントの数が、100を越えました。
本当に毎回、たくさんのコメントを頂いて、嬉しい限りです。皆様、ありがとうございます(≧▽≦)

この『バイトの先輩に恋をしたけど』。本当は今は書く方に集中したいから、公開するなら来年くらいになるかもと思っていたのですけど、パソコンの中を整理していて気が付いてしまいました。書いたはいいけど、タイミングを計っているうちに公開時期を逃して、日の目を見ていない小説がたくさんあった事に。
短編、中編、長編、色々ありました。全部合わせると、文字数にして三十数万文字あったのです。さっきのカクヨムコン用に書いている作品の文字数をこれに合わせると、53万文字くらい。推古作業さえすれば公開可能な小説が、パソコンの中に眠っていました。いつの間にこんなに書いたっけ(。´・ω・)?

このままダラダラと先延ばしにしていたら、永遠に日の目を見ることがなくなってしまう。そう思って、公開した次第です。
10月25日に完結予定です。読んでくださっている皆様、どうか最後まで、お付き合いください<(_ _)>

23件のコメント

  • こんばんは。
    素敵な作品は素敵な作品でいいと思うのです。

    弟さんには弟さんにしか書けないものがあると思いました。
    影響されてもいいですが、影響されなくてもいいと思います。
    他人の作品からもらおうもらおうとしていたら、自分の個性というか、一生懸命書いた作品がかわいそうだなって思いました。
    愛してあげてほしいな
    と伝えながら、
    わたしなんてゴミだ
    って思うことはありますけどね。

    でも、作品は愛しています。
    多くの人に読まれるかは別として、
    愛されるかは別として、
    わたしはわたしの作品を今は愛していますし、
    愛していないなら、書くつもりはないです。

    公開したあと、周りからいろいろと言われたり、書かれたりして
    つらい気持ちになったり、
    自分が成長して、面白いと感じなくなる未来があったとしても、
    今は、愛していたいと思うのです。

    >カクヨムコン用に書いていた小説、もうほとんど完成していて、全部で20万文字くらいになると思いますが、ここに来て思うのです。これって、本当にコンテストに出すだけの価値があるのだろうかって。

    価値ってなんでしょうか?
    無駄は何もないと思います。
    今まで育てた子どもがいて、
    カクヨムコンに出ようねって約束してて、
    それを、「価値ないから出すの止めるわ」って伝えたら、
    悲しいですね。子ども(作品)は。

    わたしだったら、悲しいなって思います。
    まだ、何もしてないのに。
    読んでもらったあとに、誰かをひどく傷つけて問題になったとか、
    何かあったとかならわかりますけど、
    今は、最後まで面倒を見てあげてほしいなって思います。

    >もちろん面白くするように書いたつもりです。ですが今回は書いていて、考えがあっちに行ったりこっちに行ったりと、かなり行き当たりばったり。絶対に矛盾点や、話が繋がらない部分があるので、推敲作業は苦労しそうです。

    推敲は、大変なものだと思います。
    わたしは不安なので、毎日のように、最初から読み直しています。

    毎日推敲をするようにしています。

    小説は、書ける時に書き進めるので、
    書けない時は、小説の書き方のサイトを読んだり、
    推敲をしたり、調べものをするようにしています。

    不安で、焦るから、少しでもがんばろうと思って、
    やっているだけですけどね。

    >カクヨムコンまで、後一カ月と少しあるので、今から頑張れば新たに作品が作れない事も無いと思うのですが……そうそう良い話なんて浮かびません(-_-;)

    うーん。
    捨てないで。ってダンボールに捨てられた可愛い子犬が浮かびます。
    作品、愛してあげてほしいな。
    最後まで。

    まあ、自分の作品をどうするかは、自由なのですけどね。
    愛せないなら、愛せないで、自由なのですけれど。
    弟さんは、実はものすごく自分の作品を愛していて、
    ちょっと弱音を吐きたいだけならごめんなさいね。

    わたしね、カクヨムコン応募作品で、ハリネズミのあやかしを書いたのです。
    最近、日本で、ハリネズミが野生化しているらしいのです。

    可愛いから飼うのだけど、警戒心が強いので捨てちゃって。
    悲しいなぁと思います。

    作品を大切にしなきゃ、ハロウィンの日に化けてでちゃうぞ('Д')
    なんてね(*‘∀‘)

    それではおやすみなさい。

  • 星森りっかさん

    コメントありがとうございます。
    価値があるのかと思ってしまうのは、自分がまだこの作品に納得がいっていないからだと思います。作品自体は好きです。でなければ、二十万文字も書けないでしょう。ただ粗が多くて、今のままではダメだって自分でよく分かっているので、これで良いのかなあって思ってしまっているのです。推敲したところで、ちゃんと納得のいく素敵な作品になれるのか、ちょっと心配で。

    もしかしたらこれは、我が子をちゃんと育てられるか不安になる、親の気持ちのようなものなのかも。本当に価値が無いと思っているわけでは無いですけど、これで良いのかと心配になって、だけどやっぱり愛しているから、ちゃんと形にしたいです。

    新たな作品の話を出しましたけど、もし別作品の案が浮かんで、それでチャレンジする事にしたとしても、今まで書いていた作品は完成させて、どこかのタイミングで投稿するつもりです。行き当たりばったりで書いて、今も悩んでいる作品ですけど、それでも我が子のように育てている物語なのですから、日の目を見せるのが作者である自分の役目です。

    心配かけてしまってすみません。ちょっと不安になりすぎていました。我が子(作品)に酷い親だと恨まれないよう、ちゃんと育てていきますね(^^)/


    ハリネズミ。実は今日読んだ作品で、ハリネズミの形をしたクッションが出てきて、ハリネズミって可愛いなと思ったところでした(#^^#)
    けど、飼っても捨てちゃう人がいるというのは悲しいです。小さくても、命を持っているのですから、ちゃんと育てていかないと、ですね。

    ハロウィンの日に作品が化けて出てくれたら、「君はどんな風になりたいのかな?」って聞いてみたいです!(^^)!


    大変貴重なご意見、ありがとうございました。改めて自分の作品と、向き合うことができました<(_ _)>

  • 弟さんの多作ぶりに腰を抜かしそうになりました……

    すごいですね! 
    私は控えているものが何もないスッキリゼロですわ。

    いつも思うのですが、無月弟さんの作品は楽しんで書いてらっしゃるんだろうな、と感じるんですよ。なのでパワーがあります。見習いたいものです。

  • 53万字Σ(゚д゚*)

    弟さんは読者もたくさんいらっしゃいますから、そのぶん不安やプレッシャーもおおきくなるのだろうと思います。が、眠っている53万字、純粋に読んでみたいです(*´ω`*)

    そして関係ないですが、現在『君は春に目を醒ます』を2巻まで読んだところで。弟さんがイチオシだというのがわかるような気がします。年の差のもどかしさと同級生の甘酸っぱさと、おいしいとこどりな感じで。ハマりそうです(*´艸`*)

  • 竹神チエさん

    書いたはいいですけど、例えば「これは秋の話だから、秋になったら投稿しよう」なんて
    思っていて、いざ秋になってみると他の作品を投稿して、ズルズルとタイミングを逃していった作品がたくさんあるのですよ。古い物だと二年前に書いた話もあります(^_^;)

    自分は話を書く時は、このシーンを書きたいから、絶対にそこまで書き上げると思いながら書いています。
    たどり着くまでの間に、疲れることもありますけど、書きたいものがあるから、続けられるのかもしれません!(^^)!
    肝心のシーンに行くまでの過程が上手く描けずに、行き当たりばったりになりながら書くことも多いですけど(^o^;)

  • 野々ちえさん

    眠っている話の文字数、自分も計算してみて驚きました。毎日3000文字投稿していっても、全部終わるのに半年かかります(^_^;)

    書いているとたまに、ここが雑になってないか、盛り上がらない途中経過の場面なんかは、読んでいて面白いと思ってもらえそうにない、なんて考えてしまいます。自分の場合、無駄に文字数が多くなって、テンポが悪くなってしまうことも多いのでなおのこと。
    けどなんだかんだ言いつつも、面白くしたいと思いながら書いた話なのですから、いずれはちゃんと公開したいです。

    『君は春に目を醒ます』、読んでくださってありがとうございます(≧∇≦)
    たぶん、今一番好きな漫画です。千遥くんのキャラクターが、とても自分好みで、さらに歳の差があったのに同級生になったりと、おっしゃった通り歳の差ものと同級生の甘酸っぱさの美味しいとこどり。これはズルいですよ。面白くないわけがありません( *´艸`)

    ネットの意見を見てみると、弥太郎派の方も多くて。毎回ドキドキしながら読み進めて、そして何度読み返しても、その度に悶えてしまっています(((*≧艸≦)

  • カクヨム新参者の私ではございますが、すでに無月弟さんの虜となりつつありまして、その20万字、ぜひ拝読したいと思います。いえ、もうその眠っている総計53万字まるっと。

    カクヨムコン、今回が初めてで、皆さまのエッセイや近況を見ると本当に、このために準備されているのだなと感じます。

    >これって、本当にコンテストに出すだけの価値があるのだろうかって。

    こういう想いを、カクヨムに長くいらっしゃる方でも抱かれるのだなあと思うと、どこかほっとして勝手ながら親近感を覚えてしまったり、いや、これこそ私のことでしょうよと自分に突っ込んだり。そうか、公開済みを改稿してても駄目なのか、と思いつつも、なんだかこの近況に励まされて我が子可愛さでついつい捏ね捏ねしているところです。


    それはそれとして! 『僕が恋した図書館の幽霊』 よろしいですよね!私も好みにズドンと来る作品です。

  • らせんさん

    いつも作品を読んでくださってありがとうございます!(^^)!
    カクヨムコン、自分も二年前に初めて体験した時にはビックリしました。年に一度の、カクヨム最大のお祭りです。完結して無くてもよくて、10万文字を超えていれば大抵の作品はどこかの部門にエントリーできるので、多くの人が参加しています。

    書いた作品の事を、好きではあるのですけど、はたして読んでくれた人はちゃんと面白いと思ってくれるだろうか? 年に一度のお祭りで、注目度も高くなりますから、もっと良い物を作れないかと、つい思ってしまうのです。

    公開済みの作品を改稿する場合、一から再投稿した方がいいと思います。期間内に貰った評価で、読者選考を突破するかどうかが決まるので、元々公開している作品だと、すでに貰っている星が評価対象にならないので。それに新作の方が注目されやすいですし。
    評価を貰う事が全てでは無いですけど、より多くの人に読んでもらえた方が嬉しいので、出来る限りのことはしていきたいです。

    『僕が恋した図書館の幽霊』、本好きなので図書館と言うワードに惹かれて、読んでみたらとても好みの作品で。書籍化が決まった時は大いに喜びました!(^^)!

  • カクヨムコン、もうすぐですよね。
    いまネタの泉が枯れっ枯れなもので、昔のやつを改稿してちびちび投稿しようかな、と思っています。
    ありがたいことにいまは新作を書いても割とたくさんの方に読んでもらえるんですけど、カクヨムを始めた頃はぜんぜん読んでもらえなかったので。きっとフレッシュな気持ちで読んでもらえるはず(笑)

  • 宇部松清さん

    昔書いたやつを改稿しての再投稿もいいですよね。今は更新の無い話だと、中々読むきっかけが無いですけど、今投稿したらきっとあの時より反応がいいはずって思いますし。
    実は自分が書いてる話も、昔投稿していた作品の改稿版です。元々は5万文字の小説だったのですけど、改稿したら20万文字になってしまったので、基本的なストーリーは同じでも完全新作のつもりで書きましたけど。

    きっと今なら、前よりも多くの人に読んでもらえるでしょう。描きたくて書いた物語なのだから、読んでもらいたいですよね!(^^)!

  • 無月弟様、こんにちは(*^^*)

    この度は、『ワンシーン小説』へたくさんの☆をくださり、ありがとうございます!そして、最新話公開の度にくださる暖かい応援コメントにも、いつも大きく励まされています(*´∇`*)✨✨
    気ままな掌編にいつもお立ち寄りくださり、本当に嬉しいです。
    心より、深く御礼申し上げます!!m(_ _)m💐✨

    すごい……公開せずに眠っている作品の文字数が53万字……パソコンのどこをどうひっくり返しても出てこない数字です!´д` ;
    すごい遅筆なんですよね私。ものぐさでズボラな性格が災いしていることはわかっているのですが、こればかりはどうにも治らず……コンテストに出すつもりなら1年くらい前から書き始めないと、とか思う始末です^^;(笑)速筆の方がつくづくらやましい!!

  • aoiaoiさん

    『ワンシーン小説』、毎回どんなシチュエーションなのだろうと、楽しみにしています!(^^)!

    文字数は53万ですけど、中身がどれくらい詰まっているか(;^_^A
    まだ推敲作業は全然していないなくて、過去作が溜まっているにも拘らず、新しい話を書こうとしているので、後悔がいつになるかは全くの未定です。

    書く速度は人それぞれだと思います。自分も書けない時は全然書けなかったりしますし。あとで読み返すと矛盾点があって、慌てて書き直す事もありますね。
    それに、誤字脱字が多いです。公開した後、頭を抱えたくなる事が多々あります。
    早いか遅いかよりも、大事なのは自分のペースで、しっかりした作品を書く事なのだと思います(^^)/

  • 無月弟様

    拙作『雪女はその恋に命をかける』への素晴らしいレビュー、ありがとうございます。

    あまりにも素敵なレビューで、私震えました。本文よりレビューを推したいほどです。頂いた経験が本当に少なくて、画面に五体投地するほど感激いたしました。実は少しばかり筆を折りかけていたので、これを燃料にまた頑張ります。


    と、ところで、すでに恋愛部門の日間ランキングはご存知でいらっしゃいますか?美久ちゃんの恋がこんなところに!素晴らしいです!

  • らせんさん

    『雪女はその恋に命をかける』、少し前から気になっていて、投稿が終わって時間ができたので、読ませてもらいましたけど、とても自分好みの作品でした!(^^)!
    昔とは違う雪女の設定がおもしろく、恋に一途な沙雪が可愛かったです(ノ≧▽≦)ノ

    恋愛部門のランキング、順位の高い所にあったので嬉しかったです(*´▽`)
    これを励みに、これからも作品を書いていきたいです!(^^)!

  • 無月弟さん
    おはようございます。(*^^*)

    私の物語『サンタさんはだあれかな』など、応援コメントやお☆様を頂きまして、ありがとうございました。

    未公開の作品の文字数が53万文字もあるんですね。驚きです。
    仕事をしながら、書くことだけではなく、読み手としても丁寧なコメントやレビューを書き、素晴らしいと思います。
    とても真摯に情熱を持って、物語を書いていらっしゃるんだなと励みになります。

    私は書く時間があまりないなどと思ってること自体が恥ずかしくなって来ました。
    まだまだ頑張れますね。

    どうも落ち込むことが多かったのですが、無月弟さんと皆様のやり取りを読んで元気になりました。
    ありがとうございます。(≧∀≦)

  • 桃もちみいかさん

    『サンタさんはだあれかな』可愛くて暖かい、好きなタイプのお話でした。こういう絵本、町の図書館に置いてほしいです(*´▽`*)

    53万文字……時間は有限ですから、色んな物を削りながら書いている気がします(;^_^A
    最近はレビューは書けずに、星だけと言うことも多くなってきていますし、休みの日はひたすら書くだけだったり。そして何より、書いたはいいですけど、『推敲』と『投稿』を削っていった結果、溜まってしまった53万文字です(;´・ω・)
    せっかく書いたのですから、いつかちゃんと投稿したいですね(;^_^A

    書くための動力源は、素敵な作品を読んで、自分もこんな話を書きたいと思う気持ちと、読んでくれる人がいることです。
    桃もちみいかさんの作品やコメントからは、いつも元気をもらっています。ありがとうございます!(^^)!

  •  無月弟先生、パジャマでお邪魔しま〜す。近況ノートに頂いた返信です。

     カクヨム史上最低最悪のヒロイン💦
     なんという、ひどいことを書いてしまったのでしょう。
     でも棘ちゃんは、後半頑張りましたからね? 個人的には渚ちゃんをトップのまま終わらせたかったのですが、渚ちゃんは出番が少な過ぎました。
     もう少ししたら、その後のお話も拝読に伺います。
     さらに番外編を書かれるのであれば、渚ちゃんの物語のほか、棘ちゃんと実のお母さんの話も書いて頂きたいな、と思います。作中のあの場面で、縁が切れてしまうのは寂しすぎるように感じるのです。お母さんは、棘ちゃんを捨てて後悔し、やってきた棘ちゃんを突き放して、2度後悔してると思います。

     さて話は変わりますが、えーきち先生の『海が太陽のきらり』のところでお目に掛かっていたような?
     この『海が太陽のきらり』企画に参加されませんか? 作品を出されたら、拝読に参りますよ?

     それでは失礼致します。ハッピーメリーハロウィ〜ン🎃(←もう終わった!)

  •  無月弟先生、おはこんばんちは!
     先のコメント、全力であさっての方を向いてますね★ 場違い感、ハンパない。

     今、書かれているんですね。20万文字の大作。しかも53万文字も後に控えておられるとは。どこまで多作なんですか!

     頑張って手直しして、どこに出しても恥ずかしくないように、おめかししてコンテストに出してあげて下さい。
     丹精込めて育てた作品もハリネズミも、捨ててはダメです!

     無月弟先生、ファイトです❤

  • 魔女っ子★ゆきちゃんさん

    カクヨム史上最低最悪のヒロイン、こう言ってもらえて、むしろ嬉しいです。中途半端に良い子にしようとせずに、やむを得ない事情はあるけど、それにしたって分らず屋なヒロインを書きたいって思っていたので(*´▽`)

    渚は書いてて楽しかったです。この子を主役にしたお話を書きたいくらいに。
    棘のお母さんに関しても、完全和解は難しくても、せめて一言、棘のことを思う言葉を言わせてあげたいです。

    『海が太陽のきらり』、いくつか読んでいて、参加できたらと考えてはいるのですけど、最近私生活が忙しくなってきて、難しいかなって思っています(^_^;)
    ぼんやりとした構想はあるのですけどね。もし書けるようなら、その時はチャレンジしてみたいです。皆さん本当に素敵なお話を書かれているので、自分も何かできたらって思います。


    現在は推敲作業に没頭しています。せっかく書いた物語、ちゃんと形にして、日の目を見せてあげたいです。

  •  無月弟先生、コンテストに間に合うよう、しっかりとね♪
     納得いくよう、最高の状態に仕上げて下さい。

     ファイトよぉ〜🌟

  • 魔女っ子★ゆきちゃんさん

    読み返して、訂正して、なんとか形にできたらいいなって思っています。
    応援してくれて、ありがとうございます(*´▽`)

  • 無月弟さま、こんにちは(^^)

    この度は『初めましてをもう一度貴方と』を読んで頂き、コメント更にはレビュー☆まで下さってありがとうございます!

    『タイムスリップしたら織田信長の家来になりました!』の箸休め的な感じで更新したお話だったので、来て頂けて嬉しいです。

    これには原作がありまして同じキャラクターで何作か作ってあるのですが、その内の一つをカクヨムコンの短編賞に出そうと思っていて、その前に登場人物達のプロフィールを載せたくてこの小説を更新する事にした次第です。

    もちろんその短編賞に出す話は単体でも読めるようにしておりますが、是非両方とも読んで頂ければと思っています。(はい、宣伝です(^w^))

    今後はカクヨムコンが始まるまで『タイムスリップしたら~』の更新を頑張りますので、引き続き応援して下さると泣いて喜びます(涙)

    私の方からは随分ご無沙汰しておりますが、余裕が出来たら必ず伺うのでよろしくお願いします!

  • 琳さん

    『初めましてをもう一度貴方と』の関連作品、何作かあるのですね。投稿される日を楽しみにしています。
    『タイムスリップしたら織田信長の家来になりました!』共々、読ませていただきます<(_ _)>

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン