本日カクヨム運営から、発表していた角川つばさ文庫小説賞の文字数に不備があったと言うお知らせがありました。
角川つばさ文庫のホームページに記載されていた応募条件では7~11.2万文字だったのに対して、カクヨムのホームページでは7~10文となっていたのです。

実はこの前の日曜、角川つばさ文庫とカクヨムで、指定されている文字数に差があることに気づいて運営に問い合わせていたのですが、締め切りギリギリになってようやく訂正されました。正しいのは、7~11.2万文字です。

ただこの結果を見て、複雑な気持ちになりました。それと言うのも、この賞に応募している『あさぎり小学校不思議クラブ』、当初は10万文字を遥かに越える文字数となっていたので、第二章の内容を全く別のものに、まるまる差し替えていたのです。
どう削っても10万文字に収まらないと判断しての苦肉の策で、急遽数万文字のエピソードを書き上げたのですが、あの苦労はいったい(遠い目)

エピソードの差し替えはしましたけど、作品全体の面白さに変化はないと思います。たぶん。
だけどこのままでは、泣く泣く排除してしまったエピソードがあまりに不憫。せめていつか何らかの形で、カクヨムに投稿したいです。

11件のコメント

  • そうでしたね。10万字におさめるために苦労されてましたよね(^_^;)

    未公開エピソード15万字あるんでしたっけ。続編、首をながーくして待っております(o´∀`o)

    九州のほう雨すごいみたいですが大丈夫でしょうか。おおきな被害がでないとよいのですが(´・ω・`;)

  • 野々ちえさん

    元々、11万文字以内に収めるつもりで書けば良いだろうと思っていたところに10万文字と見たので、勘違いしてたと思って焦りました( ̄▽ ̄;)
    結果的に『人食い自販機』のエピソードを考えられたのでプラスの面もあったのですが、元々のエピソードもちゃんと公開したいですね!(^^)!

    今こちらではスマホの緊急避難警報が引っ切り無しに鳴っていますけど、雨は少し小降りになってきています。
    このままやんでくれることを願います。大雨には去年も一昨年も、苦しめられたので(゚A゚;)

  • 無月弟さま

    『人喰い自動販売機』に応援コメントとレビューをありがとうございます!
    この御恩は一週間忘れません←


    水木レナ

  • 水木レナさん

    一週間って(((*≧艸≦)
    笑いました。よーく覚えておいてくださいませ(*´▽`)

    『あさぎり小学校不思議クラブ』の人喰い自販機を読んでくださってありがとうございます!(^^)!
    たまたまお題にすごくそった話を書いていたので、ビックリしましたΣ( ゚Д゚)

  • たちばなゆえさん

    小説家になろうのメッセージ読みました。ありがとうございます!(^^)!
    変身をしたのですが、実はなろうの使い方がよく分かっていなくて、ちゃんと送たかが少し心配です(;^_^A

    雨は現在落ち着いています。予報ではもうしばらく降るそうですが、強くなる事を祈ります。
    心配してくださってありがとうございます(*´▽`*)

  • こんにちは。
    つばさ文庫は規定文字数がいつも少ないですよね💧しかも、HPとカクヨムで文字数が違っていたとはΣ(・□・;)
    それで、文字数の訂正があったのですね。しかし、そんなところ見落とすものでしょうか?💧
    お疲れ様ですm(_ _)m💦

    ノートにお越し下さり、ありがとうございました! お返事書いたので、ノートと同じもの持ってきました(^_^)/

    「喫茶店」と無月さんと言えば読んでみたい気がしてお邪魔してしまいました(^▽^)

    「大した事件なんて起きなくていいから……」って、わかります! 時々そういうものも書きたくなりますよね、そして甘いお話……ですね!(//▽//)/
    可愛らしいお話で読後感も良かった✨
    ほのぼの幸せな気分にさせていただきました! ありがとうございました!

  • 無月弟さま

    『あさぎり小学校不思議クラブ』を拝読して思ったのですが、景浦 れいさん(企画主)って、ひょっとしてあさぎり小学校のお話のファンだったのかしら……。
    条件は『人喰い自動販売機』のタイトルとジャンルはホラーで、ラストにどんでん返しをしかけること、文字数は3000~20000文字。ということでした。

    いや、でも。
    『あさぎり小学校…』のファンなら、このような条件をしかけるでしょうか? むしろ遠慮すると思うんですよ。
    だから、偶然かな? そうかもな? と思っております。
    不思議な偶然もあるものですね。



    水木レナ

  • かがみ透さん

    つばさ文庫にはビックリしました。自分もそうでしたけど、気づかないものなんですね。規定文字数なんて、真っ先に確認するはずなのに(゚A゚;)

    喫茶店のレトロな雰囲気、好きなのですよ(*´▽`)
    ほのぼのとした日常。だけどふとした瞬間が愛しく思えるをそんな話を、これからも書いていきたいです。

    こちらこそ読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

  • 水木レナさん

    たぶん『人喰い自動販売機』は偶然なのでしょうけど、ビックリしました。人喰い自販機はオリジナルの怪談のつもりだったのですが、もしかしたらどこかに似たような話があったのではとネットで探したりもしましたけど、結果は空振り。不思議な偶然でした。

    いっそ自分も、不思議クラブの人喰い自販機を独立させて投稿しようかとも考えたのですけど、文字数オーバーしてそうですし。企画の趣旨である瞬発力を鍛えることにもならないので見送りました。
    だけど他の方の人喰い自販機の話は気になるので、読む側として楽しみたいです!(^^)!

  • こんばんは~(*´▽`*)

    九州の大雨、すさまじいようですが、大丈夫でしょうか……?(>﹏<)

    このたびは、「夫君殺しの女狐は~」に素敵なレビューをいただき、本当にありがとうございました~!ヾ(*´∀`*)ノ

    久々の毎日更新で、途中、かなりかつかつな時もあったのですが、無月弟様、無月兄様のコメントに励まされて、なんとか完結まで辿り着くことができました!(;´∀`)

    本当に、ありがとうございます~(*´▽`*)

  • 綾束 乙さん

    『夫殺しの女狐は~』、なかなか誤解が解けない様子を見て、榮晋何やってるんだーって思いながら、楽しく読んでいました(;^_^A
    最後は素敵なハッピーエンドになってくれて良かったです(*´▽`*)

    『呪われた龍に口づけを』も、甘い展開を期待しながら、今後も読ませていただきますね。
    甘々、キュンキュンは、大事な心の栄養分です(≧▽≦)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン