「乳がんサバイバー」エッセイ。星は増えませんが(催促ではないですよ笑)ページビュー11600を超えていました。
本当にたくさんの方に読んでいたいて感謝の気持ちでいっぱいです。

カクヨムに投稿したきっかけはエッセイコンテストでした。書籍化して、より多くの人に読んでもらいたいと思いました。

力及ばずコンテストには落選しましたが、ネット投稿の場で若い方にも読まれたこと、とても、とても嬉しいです。

小林麻央さんの訃報のニュースでまた乳がんが話題になっています。悲しいニュースですが、どうか怖がらずに「変だな」と思ったら検査を受けてほしいのです。
早ければ早いほど治療も簡単に、生存率も高くなるのが乳がんです。そして自分で発見できる唯一のがんでもあります。


エッセイを読んで「こんなにひどい状況にならない前に検査に行こう」と思って欲しい。それから「進行してても元気になった人がいるんだ」と希望も持ってほしいなと思いました。

手術、抗がん剤、放射線のいわゆる標準治療は女性のシンボルを奪っていく辛いものです。それでも、生きていれば素晴らしいことがたくさんあります。

そして、もしもある日癌を宣告されたとしても恐れずに病気と戦ってほしいと思います。

傷だらけですが今日も私は元気で幸せです!


悲しい思いをする女性が(男性も)一人でも減って欲しいと心から願っています。