こんにちは、夷也荊です。
 今回の記念コンテストは、読むだけと思っていました。
 皆様の御作を拝読し、難しい題にちゃんと応えていて、
 短編なのにちゃんと内容がまとまっていて、ひたすら「凄い!」と
 感服しておりました。
 同時に、小生には、無理……、と自分の無力さを痛感していました。

 しかし、今回のお題を見て、「あれ? これなら今書いている?」
 なんて、思ってしまった次第です。
 「アスコラクシリーズ」は全て「異世界ファンタジー」の枠で書いているので、
 「ホラー」の枠にも、「ミステリー」の枠にも入れられませんでしたが、
 何とか4000字の枠には収まりました。
 「アスコラクシリーズ」はどれからご覧いただいても、物語として
 成立するように書いておりますので、これを機に少しでもアスコラクや
 その仲間たちに出会って、触れ合って頂ければ幸いです。
 また、本シリーズは実際の風習などをベースに、
 世界観を構成しているフィクションです。
 なので、ある意味本当に異世界でミステリーであり、ホラーなのです。

 さて、こちらはやっと雪が雨に変わりました。
 季節の変わり目、どうぞ皆様、ご自愛ください。