うーんこの、日本語の奥ゆかしさが憎い時があります。

京都弁じゃなくても日本語は使いづらい。

I love youでいいじゃん。そんな気分です。