• ラブコメ
  • 恋愛

なんとなく思い付いたプロット的なもの

寝取り至上主義の学園(仮)

あらすじ
寝取推奨学園高校。
日本有数の大富豪、覇乃鵜傀(はのうかい)が設立したその学園は学費、寮費全て無料。学園に通う間はなに不自由なく暮らすことが出来るという。
また、成績優秀者は卒業後の進路を学園が全面的にサポートし、将来の成功を確約するという、破格の条件を打ち出していた。
在学している間は、校内の情報を外部に漏らしてはいけないという決まりこそあったものの、その学園に入学したいという者は後を絶たない。
主人公、雨刃我蓮(うばわれん)もそのひとりだった。特にやりたいこともなかった蓮は、親友である闇堕望(やみおちのぞむ)に誘われるまま、望と望の彼女である陽院晴夢(よういんはれむ)とともに、寝取推奨学園の門を叩く。
推奨学園の生徒会長である望の兄、闇堕絶(やみおちぜつ)と会話し、やがて入学式を迎える。
入学式は特に何事もなく進行し、彼らは希望に満ちた学園生活を送る――そのはずだった。

「この学校において、法律などは何もない。奪え、他人のモノを。女を、男を! この学園は、そのために存在する!」

理事長である覇乃鵜傀による、新入生に向けての突然の宣言。
彼は若い頃、恋人を奪われたことにより脳が破壊され、この世は弱肉強食、他人の恋人を奪う者こそが人の上に立つ資格があると思い込んでいる狂人だったのである。
混乱する新入生たちだったが、理事長は自分の宣言が事実であることの見せしめとして、生徒会長である絶に、自分の弟である望の恋人を奪うように告げる。
言われるがまま絶は望の恋人を寝取り、望は絶望。発狂する弟に「強くなれ」とだけ告げ、廃人と化した望を負け犬のクラスであるDクラスへと送り込む。
恋人のいない蓮もまた、Dクラスに所属することになるが、そこで彼はひとりの美少女、覇乃鵜藍(はのうあい)と出会う。

「私と恋人になって、この学校で寝取られることなく卒業して欲しいの」

それだけが、この狂った学校を変える手段。
蓮と藍、ふたりの学園生活が始まる――。


コンセプトはまんまよ〇実。A~Dの4クラスがあり、基本はBクラスが最高クラス。
他者から恋人を奪った生徒がAクラスへと移動するシステムとなっており、恋人がいる生はBクラス。恋人こそいないが、秀でた容姿、能力を持った生徒はC。恋人を奪われたり、特に秀でた能力を持たない者はDクラスへと堕ちる。Dの生徒は恋人を作ってもBクラスへは昇格できない。
他人の恋人を奪えば一気にAクラスへと昇格できるが、Dクラスは基本負け犬として蔑みの対象であるため、容易ではない。
学園ではAクラスの生徒は特別な存在として尊敬と畏怖の対象となっており、10位以内の生徒は生徒会役員として絶大な権限を持たされるケースが多い。

学園序列
1位???
2位『下剋上』絶
3位???
4位『ハイバービッチ』優和久
5位???
6位『仲間呼びショタ』弱井
7位???
8位『体育教師』権田
9位『催眠アプリ』春日井
10位『チャラ男マスター』槍真久利

通常、Aクラスが最高位だが、一度も恋人を寝取られることなく卒業を迎えた生徒は『Sクラス』の称号が与えられ、学園及び覇乃鵜傀の持つ権力の全てを譲渡されることになっている。
これは寝取りが当たり前の学園において純愛を貫くということは、「純愛が寝取られに勝つなどあり得ない」という、覇乃鵜傀の信念を壊すことに他ならず、彼の敗北と同義であるため。
なお、これまでSクラスで卒業した生徒はいない。

主人公は理事長の娘である藍ととともに、寝取り寝取られが当たり前の学園の規則に抗い、藍を寝取ろうと動く生徒たちを相手に攻防を繰り広げていくことになる。

こんな感じのお話の予定。とりあえずプロット組んでみたし書き出しもしてみたのでとりあえずお出ししてみましたという感じですはい

1件のコメント

  • たしかに、そっち方面の○実w

    あれはミステリー要素が面白さの要ですが、、、。
コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する