我が人生で初の短編小説を書きました。
難しい! これが今の私の精一杯です。

AIによる文章生成アルゴリズムは、天才作家板野美令の夢を見るか?
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889576295

この作品は、板野かも先生の主催の「令和短編アンソロジー」自主企画に参加するために書いたものです。参加表明したにもかかわらずアイデアが浮かばず、5月末が閉めきりだったので焦っていたのですが、なんとか間に合いました。
https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054889260890


フィルディアーナ・プログラミングの史郎と琴音の過去話で、彼らが中高生の頃の話になります。なので、拙作を読んでいただいた方にも楽しめるかと思います。


拙作に対するコメントは、批評・アドバイス等、忌憚なきお言葉お待ちしております。誤字脱字報告、文章がおかしい、落ちがない、言葉の使い方が違う、面白くない、等々、何でも受け入れます。自身の修行のためです。
もちろん、面白いという感想も大歓迎です。

よろしくお願いいたします!