今晩は、綾部 響です(´・ω・`)

 さてタイトル通り本日、

「続・俺勇者、39歳」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887241892

 を完結させました―――!
ヾ(*´∀`*)ノ

 それもこれも、読んで下さった方々のお蔭です!
(*´▽`*)
 日々増えるPVが、響さんの背中を押しまくってくれました!
( ´艸`)
 いや―――……本当に、アザ―――っした―――っ!
<m(__)m>

 

 さて今回の終わり方は、あからさまに続編臭漂っていますwww
(゚∀゚)
 この終わり方自体は、響さんが思い描いていた通りです。
(^-^)
 なので、その事自体に不満はありません。いえ、寧ろ満足です。
ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
 皆さんはどう感じたでしょうか?
(。´・ω・)?

 面白かった?
(* ´艸`)クスクス
 面白くなかった?
(`・ω・´)
 まぁ……どっちでもいいですがwww
((´∀`*))ヶラヶラ

 でももし「面白かった―――っ!」って言って下さるなら……。
(´_ゝ`)
 響さんが続編を書いた暁には、まぁまた覗いてやて下さいなwww
(*`艸´)ウシシシ


 さて、一先ず「俺勇者~」シリーズは終わった訳で、次は何にしようかな―――なんて考えとる訳です。
(*'ω'*)
 「逃げるっ! 勇者っ! シリーズ」の続編がまだ途中ですからねぇ。
(*´ω`*)
 それにでも取り組もうか、はたまた新作でも手掛けようかな?
( ̄▽ ̄)
 どっちでもいいですが、まぁ無難な所で「闇堕ちのエルフ」の連載を再開しようかなぁ。
(´▽`*)
 
 それではもう一度。
「続・俺勇者、39歳」を最後まで読んで下さった方々、ありがとうございました!
 またいずれ、更なる続編でお会いしましょう!
('ω')ノシ

 そしてその続編は……気長にお待ちくださいwww
_(:3」∠)_

16件のコメント

  • こんなつまんない物語、完結しなかったら許さないんだからね(>_<)


    いや冗談はさておき、作者様の寿命が尽きるまでに完結させなきゃいけない物語がいっぱいあって、大変ですよーこの先も。

  • kobuupapa様

    つ……つま……つまらない……!
    ( ; ゚Д゚)
    や……やっぱりか……。
    (´ー`A;)

    まぁつまらなくとも面白くなくとも、とりあえず最後の最後まで書くわけですがwww
    ヽ( ゚∀゚)ノ

    いや、真面目な話、ほんと書けなくなるまでに書ききらないといけない話が多くて多くてwww
    (*´艸`*)
    今連載しているものも然り。
    アイデアとして温めているものも然りです。
    ( ^ω^ )
    はてさて……何年かかるのやら……。
    (*´ω`*)

  • さてさて、私のシェキーナさまはだいぶん物騒なことをお考えのようですが、この先エルフの郷には血の雨が降るんでしょうか(>_<)


    それはさておき、久しぶりの今日の気になったコーナー行ってみよー。

    「軍務を行う」←「軍議」かなあひょっとして。

    「レンブルム姉妹」と「シルカとメルカ」が変に混在してるとちょっと混乱するかも。

  • kobuupapa様

    赤い雨ばっかですよ……この作品は。
    (´;ω;`)

    毎度ご指摘、アザーっす!
    ヽ( ゚∀゚)ノ

    因みにレンブルム姉妹ねー……大丈夫! いずれ慣れるからwww
    Σb( `・ω・´)グッ

  • なんかどうやら物語が動き始めたようでワクワク感倍増ですね。
    そんなこんなで私も今日の気になったコーナーを行っちゃいますよー。


    「もしもこの援軍が成っていれば、魔界は苦戦を余儀なくされて『いただろう』」←これはまだ起こってないことだから、過去形で反実仮想っぽく書くのは変かなー。「苦戦を余儀なくされる」でいい感じがします。


    「こちらが話しかけようと無視しようが、どのみち出てくるのだろう?」←これは多分「こちらが話しかけよう『が』〜」ですよね。


    最後にお礼です。
    「後詰」←「うしろづめ」だとばかり思っていたけどググってみたら「ごづめ」とも読むんですね、勉強になりましたm(_ _)m

  • kobuupapa様

    なるほど、勉強になりますなぁ。
    (*´ω`*)
    あと、的確な指摘をThank Youです。
    Σb( `・ω・´)グッ

    因みにこの「後詰」ですが、丁寧かつ親切にするなら「後詰め」でしょうねぇwww
    (*^-^)
    いや、響さん、親切でも丁寧でもないからwww
    (((*≧艸≦)ププッ

  • 色々と物騒な局面になってきたところで今日の気になったコーナー行ってみよー!


    「一方のムニミィは」
    ←ここで「一方の」と入れるとどうしてもレギオーさんが頭に浮かんじゃうので、「当のムニミィは」とか「ムニミィ本人は」とかした方がいいかなー。


    「思われるがちだが」←単なる衍字ー。


    「他の魔族にも魔力で低級な魔獣なら操る事が出来るのだが」
    ←「出来るものもいるのだが」なんだろうけど、まどろっこしいから「他の魔族でも低級な魔獣なら操ることが出来るのだが」みたいな感じがいいのかもー。


    「低位のドラゴンですら操る事も不可能ではない」
    ←「低位であればドラゴンですら」かなー。


    「動向を命じる」←「同行を」?

  • kobuupapa様

    いやー、毎回毎回Thank Youベリマッチョ! っすwww
    (*≧ω≦)
    参考にして手直しっときます!
    (*`・ω・)ゞ

  • 毎回ごめんよどうでもいいことを(>_<)

  • kobuupapa様

    感謝してますので、全く問題ないよーwww
    いつもありがとうございます!
    (^∇^)

  • あの槍使いは、ちょっと痛い目に遭わないと逝ってしまった連中が浮かばれないですよねー。

    という事で、今日の気になったコーナーはこれだ!

    「隊長補佐の兵にそう告げたのだった」←旅団を任せるのだから、現代風に言えば大佐以上のクラスかな。
    だとすると「兵」は違和感があるかもですー。

  • kobuupapa様

    うん、ここは悩んだところなんです。
    (*´ー`*)
    更に言えば執務室での件も、「部下の男」とか、「部下に」ってのには違和感があったんす。
    ( ̄~ ̄;)
    でもここでまた名前つけちゃうと、何だか使わないキャラだらけになりそうでwww
    (;^ω^)
    この部分は少し考えてみやす!
    (*`・ω・)ゞ

  • 名前なくてもいいでしょう、階級か役職だけで。
    「旅団長」でも「部下の将」でもなんでもいいと思うんだー。
    佐官か准将クラスであることを表現できれば、あとはモブはモブでいいと思うのです。

  • kobuupapa様

    ふーむ。
    (´・ω・`)
    むしろ名前をつけたいっ! って欲望に抗いながら、その方向で考えてみますかーwww
    (*´ω`*)

  • 誤字が一個あったんだけど場所忘れたー(>_<)


    それはともかく、私はあの槍使いが大好きなんですよ。
    だからこそ、渦中の人になってちょっとは能力を使いまくって、色々と役に立ってほしいというかなー。

    どっちの陣営にとっても、役に立ってほしいと思うのでありますが、まあ鬼畜作者さまが何を用意しているのかは、私にはわからないのでありますけれど(>_<)

  • kobuupapa様

    鬼畜いうなし(´・ω・`)

    それは兎も角、えぇえぇ……ご期待に沿う展開をご用意してますともさwww
    ( *´艸`)
    もっとも、恐らくは想像の範囲内かもしれませんけどねwww
    (;´∀`)アハハー

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン