小説って書くの難しいですよね。
 どれだけ書いていても本当、そう思います。
 理想の完成形は頭の中に確かにあるはずのに、それを文字として書いていると何故か、遠くかけ離れた物語にしかならない。書いたのを読み返してもダメなのは分かるのに、どこをどう直したらいいのか分からなくなる。いつも、そんな感じです。
 結果、欠陥品、と言うか、出来損ないの陳腐な言葉の羅列を公開する事になってしまっています。
 別に、これはわたしの小説がつまらないことに対する言い訳ではないです。ただ、その、理想と現実の隔たりが大きすぎるなぁ、と改めて思っただけです。

 元々、少しですが、小説を書いていた経験があって、カクヨムがサービス開始と同時期に久々に書きたくなって始めました。それからいくつもの新しいストーリーを考え、執筆し、今に至ります。中には公開をしたものの、個人的理由により削除した作品もいくつかあります。
 これからも、趣味の領域で執筆は続けてはいきます。成長をしない、拙い文章であっても。

 ……特に言いたいこともないんですが、その、深夜に漠然と思ったことをただ、言葉として残しただけです。こんなところまで読んでくださって、ありがとうございました。