早いもので「翡翠色の空の下で~古本の旅行ガイドブック片手に異世界旅行~」も10万字を超えるほどまでになりました。
自分の中で世界観やキャラクターの性格も固まってきて、話として安定してきたと思いますが、安定してきたが故に最初から読み返してみると「なんかここ変だな?」というところがちらほらと見られたので。
第1話~第3話を中心に、少々手を加えさせていただきました。
また、紹介文も少々更新いたしました。
既にお読みになられている方も、改めて目を通すとスムーズに話が入ってくるかもしれません。

もうすぐファミ通文庫大賞の選考期間も始まります。
今後とも当作品をよろしくお願いいたします。