先週の日曜日にネタが浮かんだので、短編作品を一つ新たに書きました。
題して、「包丁研ぎと僕の冬」。
小学校高学年の「僕」と、流浪の包丁研ぎの「おっちゃん」との交流を描いた現代ファンタジーです。

現代ファンタジーです。
ファンタジー成分ちょこっとですが。
途中までは普通に現実的なお話ですが。

まずは読者選考の通過が目標です。
応援のほど、よろしくお願いします。