どうも皆様、オリーブドラブです。いつも拙作を応援して頂き、誠にありがとうございます。
 さてさて。実はこの度、令和初のクリスマスに向けて、あるヒーローものの企画を始めさせて頂きたいと思いまして。

 それは「窮地に陥った主役を助けに来るヒーローを募集する」というもの。読者の皆様が考えてくださった新型サイボーグが颯爽と駆けつけ、嵐のように戦っては去っていく。という感じに書きたいなぁ、というキャラ募集企画です。
 キャプテンアメリカにとってのファルコン的存在。アイアンマンにとってのウォーマシン的存在。仮面ライダー1号にとっての2号的存在。仮面ライダーV3にとってのライダーマン的存在。ジャッカー電撃隊にとってのビッグワン的存在。そんなサイボーグヒーローを募りたい! という趣旨になります。

《10/31追記》
 さらに。サイボーグだけではアイデアの幅も狭まるということで、新たに「異世界から駆けつけてきた聖騎士」という枠のヒーローも募集することになりました! 剣と魔法の世界から来た異世界人も活躍する本シリーズの世界観ならではの、新たなヒーローも募らせて頂きます(*≧∀≦*)

 世界観は2121年の地球を舞台とするSFヒーローものであり、雪に囲まれた東欧の小国を舞台に、クーデターを起こした悪代官の手先達と一戦交えるというシチュエーション。
 7月に公開した「GRIT-SQUAD」の続編であり、強化スーツに適応するために人体を改造したサイボーグ兵士「戦闘改人《コンバットボーグ》」や、異世界から来た「聖騎士《パラディン》」が戦いの主役となるお話です。ちなみに作中の季節は冬。クリスマスイブです。

 では、大まかな規定やテンプレなどを↓に記載していきますね。参考にして頂ければ幸いです。



【お約束】

・受付期間は、2019年12月20日の23:59まで。ご応募頂いたヒーローは、12月24日00:02に公開されるシリーズ最終作「CAPTAIN-BREAD -PRINCESS OF EVE-」に全員登場します。
・下記のテンプレを参照し、この近況ノートにご投稿ください。
・世界観としては、「国連軍に与するヒーロー達が、雪の小国で起きているクーデターを鎮圧しに来る」というもの。
・お一人様につき何体でも応募可能。どしどしご応募ください。作者としては意地でも全員出すつもりです(震え声
・全てのサイボーグヒーローには「国連軍に所属する最新型の戦闘改人《コンバットボーグ》」という基礎設定が付与されますが、その経緯については特に決まりはありません。聖騎士枠のヒーローについては、「セイクロスト帝国から地球にやってきた聖騎士」という基礎設定になります。
・展開や擦り合わせの都合で、原案から微々たる変更はあるかも知れません……が、極力原案そのまんまを踏襲して書かせて頂く所存です。
・受付が終わり次第執筆に取り掛かります。なるべく募集終了から公開までの間を開けないようにさせて頂くつもりなので、しばらくお待ちくださいませ。



【戦闘改人《コンバットボーグ》とは】

 21世紀後半に初めて開発された、旧式のサイボーグ兵士達を指す総称。強化外骨格での戦闘に適応するために肉体を機械化している、という特徴を持ち、その非人道的な設計思想ゆえに先進国ではほとんど使われず、22世紀を迎えた現在はAIによる完全自律人型兵器「機甲電人《オートボーグ》」が主流となっている。
 それでも紛争地帯では戦闘改人の運用が続いており、先進国が機甲電人を多用する中で、戦闘改人は安価な旧式兵器として扱われていた。しかし機甲電人は戦闘改人と比べて非常に高価である上、人間の兵士に比べて臨機応変さに欠けるという欠点があった。そんな中、戦闘改人である「CAPTAIN-BREAD」がヒーローとしてその名を知られるようになり、国連軍はそのポテンシャルとコストパフォーマンスに注目するようになった。
 そして現在、国連軍ではCAPTAIN-BREADの戦闘データを基にした、最新型の戦闘改人開発計画が進められている。計画に参加した兵士達は精鋭ばかりであり、その理由も様々であった。

《10/31追記》【聖騎士《パラディン》とは】

 異世界を統べる大国「セイクロスト帝国」に仕える、剣と魔法の達人を指す総称。剣技に秀でた騎士《ナイト》と、魔法に特化した魔術師《メイジ》が持つ長所の双方を兼ね備えた、帝国屈指のエリート戦士である。
 現在セイクロスト帝国は地球との交流を持ち始めており、その魔法という超常的能力には世界各国が注目している。中には国連軍の要請を受け、地球の治安維持に協力するようになった聖騎士もいる。



【テンプレ】

コードネーム:
本名:
性別:
年齢:
外見:
概要:
台詞:

《10/31追記》【テンプレ(聖騎士枠)】

異名:
本名:
性別:
年齢:
外見:
概要:
台詞:

例1

コードネーム:EISEN-MAN《アイゼンマン》
本名:緋竜鎧人《ひりゅうがいと》
性別:男
年齢:23歳
外見:戦闘時は鈍色の無骨なアーマースーツを着込み、口元だけが露出した鉄仮面で素顔を隠している。普段は黒髪を短く切り揃えた長身の青年であり、身長は180cmほど。
概要:両腕に装備している巨大な手甲を武器とし、その質量と人工筋肉にモノを言わせるパワーファイター。10年前に事故で両親と両腕を失い、残された妹を養うために国連軍に入隊した。普段は人間と変わらないサイズの義手だが、その義手で操るアーマースーツの手甲はゴリラのように図太い。
台詞:「妹のためにも……オレは絶対に、負けられないんだァッ!」「これ以上、テメェらの好きにはさせねぇッ!」

例2

コードネーム:METAL-ARCHER《メタル・アーチャー》
本名:ミレイヌ・アイゼナッハ
性別:女
年齢:27歳
外見:身体に隙間なく密着している紫紺のボディスーツを着込み、フルフェイスの黒い仮面で素顔を隠している。普段は金髪碧眼の美女であり、身長は175cmほど。髪はサイドテールに纏めている。
概要:爆弾や焼夷弾など、様々な火器を内蔵した矢を専用の弓で撃ち放つ、遠距離射撃型の戦闘改人。狙いを定める右眼と弓を引き絞る両腕が改造されており、射撃時には右眼が赤く発光する。軍人の娘であり、殉職した父に倣い国連軍に入隊した。
台詞:「失せろ下郎共、矢の的になりたいか」「……私もまだまだ未熟だ。しかし必ず、父をも超えてみせる」

《10/31追記》例3

異名:MIGHTY-KNIGHT《マイティ・ナイト》
本名:アダン・ローギンス
性別:男
年齢:20歳
外見:身長185cm。ブロンドの髪を肩まで伸ばした、青い眼の美男子。赤と青のツートンカラーに彩られた甲冑で全身を固め、側頭部から2本のツノを伸ばした兜を被っている。普段は地球人に合わせて、赤と青のレザージャケットを羽織ったラフな私服で過ごしている。
概要:セイクロスト帝国から地球にやってきた聖騎士であり、国連軍とは協力関係にある。火炎、氷結、電撃など多岐に渡る魔法を使い分けながら、両手剣による一撃で敵を沈める戦法を得手としている。地球の文化(特に日本におけるアニメ文化)に深い関心があり、その歴史を守るためならと国連軍の要請に応じ続けている。
台詞:「私の魔法、剣技……その全てを以て、貴様を成敗してくれる」「私はここで倒れるわけには行かぬ。我が祖国のためにも……そして、来期のアニメを見るためにも!」



【最後に】

 本企画についてわからないことがありましたら、いつでも質問してきてくださいね。説明不足な点がありましたら、随時追加していくつもりです。
 ヒーロー好きな方々と交流しつつ、色んなアイデアを出していける場になれたらなぁ……と思いつつ募集させて頂いておりますので、どうぞお気軽に遊びに来てください!(^^)
 ではでは! 皆様のご応募、待ってまーす!٩( 'ω' )و


10件のコメント

  • こんばんは。どーにも面白そうで一つ考えてみたら興が乗ってしまったので悪乗り半分ではありますがここに一つ。気に入ったら使ってください。↓

    コードネーム:QUARTZ(クオーツ)

    本名:マクシミリアン・アンクルパンツ

    性別:男性

    年齢:30

    外見:オーストリアンオークの再来と言われるほどの、こんがりと日焼けをしはち切れんばかりに筋肉を内包した筋骨隆々とした、196センチもの肉体。纏うはただの一枚、名前を体現する魂の星条旗ビキニパンツ(オフの日はパツパツな脇汗をセクシーに見せる紺色のシャツとデニム)。さらりとしたブロンドヘアーは風になびく形をバッチリとキープし、完璧な並びをした、染みの一つも無い真っ白な歯と垂れ目、そしてそれらで作り上げる人懐こい笑顔がチャームポイント。

    概要:日々を筋肉と健やかに過ごし、祖国を愛し国民の幸せを願うマクシミリアン(通称マックス)はある日、国民を人質に取った卑劣なる銀行強盗にただ一人その自慢の肉体で挑み、全強盗犯の逮捕と全ての人質の無傷による解放を成し遂げた。しかし燃ゆる愛国心に勇んだ彼が払った代償は重く、その命だった。しかしマックスのその磨き上げられた、人間が人間として手に入れられる極限の肉体と強く深い愛国心を惜しんだ政府は彼の遺体を秘密裏に回収し、戦闘改人として第二の人生を彼に与える。融通の利かない、第二の脳、参謀AI“クラフ”共に。
     戦闘改人としての特徴は何と言っても生前と違わぬ姿形にある。一見するとサイボーグに見えないその肉体は、生前鍛え上げた筋肉と最新鋭人工筋肉とが融合し更なる次元へとビルドアップを果たし、テカテカのオイルボディを再現するために皮膚からは防弾及び防刃、そして耐熱耐寒作用のある汗ないしポージングオイルが滲み出す工夫がされている。ナノマシン生成機構と人工筋肉、二つの心臓や脳を始めとした人工臓器を搭載した超重量の肉体を支えるのは超剛のハイパーセラミック製骨格。
     そしてもう一つの特徴がやや直情傾向にあるマックスを諭し、そして彼が持たない電子戦への備えとして搭載されたマックスの第二の脳、“クラフ”。これは本来機甲電人に搭載されるべきものであるが、いまだ未成熟なAIと人とを繋ぎ、互いの成長を促し更なる次元へと人類を引き上げるための試験的な試みである。
     戦闘改人としての最大の能力はシンプルにパワーとタフネス。そして筋肉を稼動させた際に発生する熱を全身の汗腺や涙腺からオイルに点火して排出し、放熱ついでに両肩に炎の翼を広げ炎のマスクを被った、敵を威嚇する“だけ”の形態がある。
     奥の手は二つの心臓を暴走させ身体能力を限界以上に引き上げる“オンスロートモード”。これをすると更に筋肉がビルドアップしパワーは増大、そしてスピードはマックス自身の動体視力すら振り切る域に達するため、この時はクラフがマックスをサポートすることで完璧となるが二人の息が合わねば自爆する。
     精神論と根性論、そして己の肉体を信じ突っ込みがちなマックスと、理論的で回りくどく融通の利かないクラフは互いの短所を長所で補い合う、端から見れば良いコンビだ。しかし当の本人たちは喧嘩ばかり。しかしそうして少しずつ、人はAIを知り、AIは人を知って行く。そしていつかは互いに歩み寄り手と手を取り合うことが出来る関係になることを二人は信じている。やはり良いコンビなのだ。
     銃弾も刃も跳ね返し、一跳びでビルすら飛び越える筋肉が放つマックスの膂力は機甲電人の装甲すらも容易く打ち砕き引き千切り、彼を阻む策略や機械仕掛けの力では破れぬ壁はクラフが破る! 一つの体に二つの心。人類の進化を導く二心一体の男の名はクオーツ。それは調和を司る名。
     ちなみにマックスは既に戸籍上死亡しているうえに天涯孤独と言うこともありマスクやコスチュームで素顔を隠す必要が無い。隠れる必要が無いくらい強いと言う悪党へのアピールという噂もある。
     
    台詞:「ボクの名前はマクシミリアン、皆からはマックスと呼ばれている」「祖国のためなら剣にでも盾にでも喜んでなるよ。最強の剣と盾にね。それがボク、マックスという男なのさ」『クラフと申します。質問、ありますか?』『スミマセン、ヨク聞キ取レマセンデシタ』

  • ≪こたろう先生
     さっそくご参加頂き、誠にありがとうございます! おぉ、すごい情報量……! アメリカンにしてメカニカルな、インパクトあふれるヒーロー像ですね!(^^)
     書いてて楽しくなりそうな印象です。ご応募ありがとうございました!٩( 'ω' )و

  • どうも、REYNEです。いつも俺の作品を見てもらってるので恩返しと言ってはアレですが、考えました。
    コードネーム:DELTA-SEVEN<デルタ-セブン>
    本名:[データ消去済み]
    性別:男
    年齢:[データ消去済み]。しかし、彼との会話から17歳と思われる。
    外見:身長は176cm。体重62kg。両手両足を黒い義手、義足に換装。髪の毛が黒く、ボサボサしている。顔にガスマスクを装着している。人前で素顔を見せる事は無い。右目が緑色に発光するのは、索敵センサー、赤外線センサーなどが働いているため。(などなど、お好みで便利機能をどうぞ。)
    脳に埋め込まれている戦闘用CPUが、戦闘コマンドLv.10(暴走[SHOW-DOWN])を発動すると、目は赤く発光する。
    概要:彼は既に一度死んでいる。冷静で口数が少ない彼は戦闘区域Lv.6の[データ削除済み]で少年兵として戦っていた。そんな中、敵の空爆により両手両足と右目を失った。彼は現地武装組織[データ削除済み、現在は壊滅]のデータではKIA[戦死]となった。
    しかし、彼は生きていた。苦しみと戦いながら生きていたのだ。そんな彼を国連現地調査班の[データ削除済み]が発見。彼を国連軍基地[データ削除済み]に運んだ。
    その基地では極秘裏に戦闘改人(コンバットボーグ)の[デルタ計画]が進んでいた。
    彼はデルタ計画主任のDr.ヘンドリクスと契約をした。彼を生かす代わりに国連軍に入隊するのが条件だった。
    そして、彼は彼と契約をした。ヘンドリクスは悪魔だ。死んだはずの兵士を生かし、再び戦わせる。しかし、彼は悪魔と契約した。何故か?彼は戦場の虜になっていたからだ。彼は再び戦えるのならと、喜んで手術を受けた。
    そして、彼はデルタ計画の第7番目の兵士となった。だから、DELTA-SEVEN。失った両手両足には黒い義手、義足を換装された。この中には炸薬チップが入っており、炸薬チップを使用した強烈なキック、パンチを備えている為、CQC(格闘戦)ではまず勝てないだろう。さらに、失った右目にコンバット・インターフェースを義眼として入れており、彼の戦闘をサポートする。一番の特徴は脳に戦闘用CPUを埋め込まれていて、彼の戦闘能力を超人並みに変えるのだ。さらに、このCPUがLv.10に達すると暴走[SHOW-DOWN]を発動し、どんな敵でも排除する。
    彼はどんな武器でも使いこなすが、いつも持ち歩いている武器は刃先が日本刀の様に鋭利なナイフ。スライドが緋色のM1911A1ベースのハンドガン[スカーレットデルタ]。
    そんな彼はもう、人を抱く事は無いだろう。彼は戦場に生き、武器を抱くのだ。
    台詞:「じゃあな。貴様ともう一度会う事が無いように祈ろう。」「じゃあな。地獄で会おう。」「なんて美しい殺戮だ。」「任務を受諾。敵を排除する。」「俺を怒らせない方が賢明だ。」「契約成立だ。」「俺の獲物を奪うなよ。さもなくばお前で埋め合わせる。」「死神(リーパー)?知らないな。俺の事じゃないのか?」「ここが貴様の死に場所だ。」「ご愁傷様だ。」

  • ≪@REYNEさん
     ご参加頂きありがとうございます! おぉー、リーパーに続く寡黙な少年兵キャラですか! ドラマ性に幅がありそうで色んなインスピレーションに繋げられそうですね! ワクワクします!(^^)
     ご応募ありがとうございました!٩( 'ω' )و

  • 参加させていただきたいと思います。
    コードネーム:Bernard(バーナード)
    本名:ポール・バーニー
    性別:男
    年齢:25歳
    外見:身長180cm、体重70kg アーマーを着ていない時は金髪の丸刈り
    に青い瞳の筋肉質な白人男性。
    アーマー装着時は赤と白を基調としたセントバーナード犬モチーフの犬人間。
    背中にサイボーグのナノマシン入り修復剤入りの小型タンク、腰回りにガンベルト状に人間用栄養ドリンクのボトルと救急パックを装備。
    両目は黄色いランプ。
    両足の脛に分割した斧やピッケルになる可変武器を収納。
    手足からは爪が生え帯電させて電磁クローになる。
    両の手首には冷凍ガス噴射器が内蔵されている。

    概要:カナダ軍の救助部隊に所属していた衛生兵のポール軍曹は国連軍に引き抜かれて多目的救助作戦用戦闘改人、別名レスキューコンバットとして
    改造を受ける。
    改造前に保存した精子を人工授精させ、子持ちのシングルファザー
    となって子供を故郷に預けている。
    作戦地域別に複数のアーマーがあり、今回は寒冷地対応のアーマーを装備。
    軍人として格闘も射撃もこなせるが今回は銃器は使用しない。
    電磁クローでの格闘や可変武器で白兵戦、射撃は冷凍ガスのみ。
    味方の回復や、救助者の栄養と体調管理と護衛を重視して動く。

    台詞:「無駄な戦闘は避けたいんだがな?」「味方と救助者の人命優先!」
    「無茶をしすぎるな、修復剤には限りがあるんだ!」
    「人間はきちんと栄養を摂取する、フルーツ味だから不味くない」

  • ≪ムネミツさん
     ご参加ありがとうございます! おぉ、これはまた濃ゆくて個性的なヒーローですね! ギミック要素も味のある設定尽くしですし、色んな出番を用意できそう。
     ご応募ありがとうございました!٩( 'ω' )و

  • 枠が広がっていたので考えました。
    良かったらコイツも使ってください。

    異名:KNIGHT“V-STAR”【ファイブスター】

    本名:フルアクセル・ドミニオン・ファイブスター

    性別:男

    年齢:21

    外見:白色の総髪。五色の輝きを宿す瞳。白色のショートジャケット。白ずくめの装いをした、線は細く甘い顔立ちをした優男然とした風貌の青年。右腕には“ファイブレスター”という赤青黄緑桃の五色をあしらった手甲を装着し、腰には主の証たる短剣“聖霊剣”を提げる。

    概要:五つの聖霊と契約を結ぶ、伝統ある聖騎士の家系ファイブスターの44代目当主の青年。壮言大語でややお調子者のきらいがあるが、歴代と同じく五大聖霊と契約を結び彼らを従えるその実力は本物。大口を決して大口なだけにしない主義を持ち、そのための努力や自身の犠牲をもいとわない。
     右腕の手甲“ファイブレスター”には五大聖霊の力が宿っており、甲の部分にはめ込まれている聖玉を腕甲側に備わるスライドギミックで活性化させることで色に沿った聖霊の力をその身に宿すことが出来る。そしてその際、“聖霊召来、スタート・オン”を唱えることにより五大聖霊の力を宿した聖騎士、ナイト・“ファイブスター”へと変わる。
     ファイブスターはその名の通り五大聖霊の力を宿した姿。聖霊の司る五色、赤青黄緑桃色を各所にあしらった白銀の鎧を身に纏い、兜はその時主だって選択している聖霊を象った形状をしている。赤は炎、“炎獅子・エンライオン”のたてがみ。青は水、“海竜・カイドラゴン”の牙。黄は土、“岩巨人・ガンガイア”の拳。緑は風、“風甲虫・フウカブト”の角。桃は慈愛、“愛天使・アイエンゼル”の翼をそれぞれ白銀のマスクに沿う形で表現。その際、背負うマントの色も変わり聖霊の力を反映する。
     短剣“聖霊剣”もまた聖霊由来の武器であり、ファイブレスターで選択した聖霊の力を宿すとその形状を自在に変える。赤では長剣。青では双剣。黄では巨拳。緑では大弓。桃では大盾に変化。あらゆる戦局に対応し、ファイブスターに勝利と栄光をもたらす。
     ファイブスターは優れた身体能力を有し、精霊の加護によりそれは更に助長される。それから繰り出される騎士戦闘術ファイブスター流は剣術を主体に聖霊剣の全ての形態の扱いに適応した変幻自在の戦法を可能とする。当代のファイブスターであるアクセルは特に荒々しい獅子が如き剣筋による息も吐かせぬ連続攻撃を主体としつつ、地球文明にある“凡そ五人で戦う戦士”たちの物語を参考に、不得意である連携にも注力した新たな戦い方を模索している途中である。
     代々引き継がれ、研ぎ澄まされて行く一子相伝のファイブスター流奥義“邪悪一掃”は、五大聖霊全ての力を聖霊剣へと集結し、それをファイブスターが見事御することで聖霊王が剣たる“霊王剣”へと進化。あらゆるものを断ち切り、次元すらも超えて届く巨大な光の刃でその名の通りセイクロストに仇為し、悪を為すもののことごとくを討ち滅ぼす。
     基本的にはセイクロストの守護に徹する家系ではあるが、他ならぬそのセイクロスト帝国からの命であれば何処へでも駆け参じ、それを苦とはしない。神秘の薄い地球の人類文明に違和感こそ懐けどもその文化の多様性には関心もしている。現在は地球守護の命により地球に残留しており、ワケあって安アパートで貧乏生活をしている。そのせいか軽度の貧乏性を煩うようになってきており、彼に付き従い慣れない地球生活をサポートしている聖霊たちには呆れられる始末。

    台詞:「聖霊召来、スタート・オン! ナイト・“ファイブスター”!!」「セイクロストにその名、アリ! 聖霊騎士、オレがファイブスター!!」「これが次元を穿つ、伝統の刃――霊王剣! 邪悪一掃!!」「たった数十円のクーポン券でも馬鹿にするな。クーポンを笑う奴はクーポンに泣く」

  • ≪こたろう先生
     2度目のご参加、誠にありがとうございます! おおっ、聖騎士枠の参戦ですか! 非常に個性的なヒーローで、書くのが楽しみになってくるキャラクターですね!(*´꒳`*)
     ご応募ありがとうございました!٩( 'ω' )و

  • 自分ばかり恐縮ですが今のところ紅一点ということで、よろしければどぞー


    コードネーム:煌翼姫【KOOYOKUKI】

    本名:レグティエイラ・グランガルド・カネシロ

    性別:女

    年齢:18

    外見:身長167cm。白銀の腰ほどまである長髪。七色をした瞳。きりりとした表情の映える鼻筋の通った凜々しい顔立ち。身体に密着したような白を基調に金の装甲を各所にあしらった豪奢なナノマシンスーツをその身に纏い、露出した肩口と太ももには碧いエネルギーの供給路である溝が覗く。
     背部には六角形をしたバインダーユニットなる装置が接続されており、それが発生させた力場により飛行及びサポートユニットであるソードウイングなる装備を拘束、展開させると左右五本ずつ合計十本もの剣状の装置が翼のように広がる。
     頭上には情報を収集しセンサーとしても機能する天使の輪を一部欠けさせたような独特な形状のティアラと呼ばれる装備を戴く。

    概要:異世界人を人体改造し造り上げたハイブリッド戦闘改人。骨格をハイパーセラミック製の人工物へと変更し華奢ながら驚異的な耐久性を持ち、人工筋肉により見た目からは想像のつかないほどの膂力を誇る。その他臓器も同様に人工物へと変えられており、心臓は生命維持及びナノマシン製造用の物を一つ増設しているため仮に一つが機能に支障を来してもある程度の制限で活動を継続できる。
     戦闘改人としての特徴は異世界人特有の魔力という超常のエネルギーを扱えるという点にあり、女性でありながら過度なまでの人体改造に耐える事が出来たのもそれによる。バインダーユニットも魔力によって動作しており、不可視の力場でそれに接続されるソードウイングは一本一本を自律可動させられ、個々の刃による攻撃はもちろん、最大の機能は味方へと付き添わせる事で最大十名にまで魔法による治癒や身体強化を付与できる点にある。
     欠点としてはソードウイングを他者に分けたり喪失した際、それに伴い自らへの加護が弱まってしまう点が挙げられる。特に六本以下になると飛行する事が不可能となり機動性が大幅に損なわれる。
     何処かの異世界に於ける王女であるが、そこを追われ瀕死の状態で地球へと漂着。国連に回収される。“カネシロ”は彼女を保護した者の名。
     戦闘改人への改造は本人の希望であり、目的は存命と血統の断絶による王家の消滅の回避。そして復讐である。
     性格は極めてわがままで高飛車。しかし度量があり懐も深く、誠意と義心をもつ者であれば出自を問わず受け入れる。
     身体能力は改造により大幅に高まっているものの、ドジな性質が災いしバランサー云々が機能しているにも関わらずよく転ぶ。うっかりも多い。など性能は兎も角本人はポンコツである。

    台詞:「このレグティエイラ・グランガルド・カネシロが降臨したからには勝利は必定よ!」「あたしが護ってあげるわ、感謝なさい!」「行っけぇ! ソードファミリア!! 守護の陣っ!!」「助けてなんて言ってないけど……ま、まあ助かった、わ。あ……ありがと……大義でしたっ! 以上!!」「えいえいお~っ」

  • ≪こたろう先生
     おおっ! 3度目のご応募、誠にありがとうございます! 初の女性キャラにして、まさかのハイブリッド! 思わぬ変化球に度肝を抜かれました!(*≧∀≦*)
     本企画は参加上限ナシですからねー。お構いなく、いつでもお気軽に遊びに来てください(*´꒳`*)
     ではではっ、この度もご応募ありがとうございました!٩( 'ω' )و

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン