エピローグまで書きました。
はじめての長編でこんな変則的な小説?なんですけど如何でしたでしょうか。楽しんでいただけたら書いた甲斐もあるというものです。

次回作はたぶんまたファンタジーを書くんじゃないかな~?というおぼろげな考えがあります。
一度テンプレ的な話を書いてみようという思いもあり、そうしたらどこまでやれるのかというチャレンジ的なサムシング。

ともあれ、また次回なにかしらの作品をこちらにぶん投げられたらなと思っています。
ありがとうございました。