コロナの時代の読書〜私たちは何を読むべきか

コロナの時代の読書〜私たちは何を読むべきか コロナの時代の読書〜私たちは何を読むべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
文字と想像力があれば、人はどこにでも行ける。世界の見え方が変わる一冊、ここにあります。文字と想像力があれば、人はどこにでも行ける。世界の見え方が変わる一冊、ここにあります。
ポストコロナではなく、ウィズコロナ時代となるのではないか、とも言われている現在。コロナ登場前と後では世界が劇的に変化しています。移動を制限され、他者と物理的に距離を取ることを余儀なくされる一方で、オンラインで繋がるコミュニケーションも急速に拡大しています。人々の想像力のありようもまた、日々変化しているように思います。歴史の転換点では、これまでもさまざまな文学が生まれてきました。いまだからこそ読みたい本、読むべき本をKADOKAWAのサイトを通して、広く発信したく思います。作家・評論家の方々にご寄稿いただくのはもちろん、読者の方が自由に投稿できる場を用意しました。これからの世界を生きるために携えるべき、本のガイドを皆さんと一緒に作れればと思います。

読書ガイド

『贖罪 ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争』

6/30更新

桐野夏生さんのおすすめ

強い心を持つための、強い小説

『贖罪 ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争』
吉田喜重・著/文藝春秋

『社会的共通資本』

6/29更新

池上彰さんのおすすめ

新自由主義へのアンチテーゼ

『社会的共通資本』
宇沢弘文・著/岩波新書

『ザ・ロード』

6/26更新

冲方丁さんのおすすめ

「隣人」を恐れる世界

『ザ・ロード』
コーマック・マッカーシー・著 黒原敏行・訳/ハヤカワepi文庫

『未来をつくる言葉 わかりあえなさをつなぐために』

6/17更新

ドリアン助川さんのおすすめ

「わかりあえない者」たちにどう橋を渡すか

『未来をつくる言葉 わかりあえなさをつなぐために』
ドミニク・チェン・著/新潮社

『夏の災厄』

6/12更新

海堂尊さんのおすすめ

ウィズ・コロナ時代の必携三冊

『夏の災厄』
篠田節子・著/角川文庫

『クオ・ワディス』(上・中・下)

6/10更新

赤川次郎さんのおすすめ

高校生のころ「寝食を忘れて」夢中で読んだ一冊

『クオ・ワディス』(上・中・下)
ヘンリク・シェンキェヴィチ・著 木村彰一・訳(岩波文庫)

『カラー版 新日本大歳時記』全5巻

6/9更新

夏井いつきさんのおすすめ

歳時記って面白い!

『カラー版 新日本大歳時記』全5巻
講談社

方丈記 現代語訳付き

6/8更新

姫野カオルコさんのおすすめ

臨場感あふれる災害レポート!?

『方丈記 現代語訳付き』
鴨長明 ・著 簗瀬一雄 ・訳注/角川ソフィア文庫

アルケミスト 夢を旅した少年

6/8更新

深川麻衣さんのおすすめ

道に迷ったとき、優しく背中を押してくれる一冊

『アルケミスト 夢を旅した少年』
パウロ・コエーリョ・著 山川紘矢+山川亜希子・訳/角川文庫

『指輪物語』

6/5更新

恩田陸さんのおすすめ

限りある世界で何を「捨てる」のか

『指輪物語』
J・R・R・トールキン・著 瀬田貞二+田中明子・訳/評論社文庫

『史記』

6/5更新

夢枕獏さんのおすすめ

人類が生んだ、最大の古典

『史記』
司馬遷・著 小竹文夫+小竹武夫・訳/ちくま学芸文庫

『ぼくは勉強ができない』

6/4更新

汐見夏衛さんのおすすめ

学校再開が憂鬱でしょうがない高校生に

『ぼくは勉強ができない』
山田詠美/文春文庫

『アダムとイヴの日記』

6/3更新

窪美澄さんのおすすめ

パートナーから見た自分は、こんなに違う

『アダムとイヴの日記』
マーク・トウェイン・著 大久保博・訳(角川文庫)

『ひとりでしにたい』

6/1更新

有川ひろさんのおすすめ

人生のしまい方を学ぶ

『ひとりでしにたい』
カレー沢薫・著 ドネリー美咲・協力/講談社

『猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ』

6/1更新

篠田節子さんのおすすめ

感染症で滅びた都市に迫るアドベンチャー・ノンフィクション

『猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ』
ダグラス・プレストン・著 鍛原多恵子・訳/NHK出版

連載一覧へ

「コロナの時代の読書〜私たちは何を読むべきか」連動企画

みんなで作る読書ガイド

いつだって本は未来への道標。
読書で考える
新型コロナウイルスとの共存。

2020年を境に世界が激変──!? 新しい時代の到来が、このような形で訪れることを誰が予想していたでしょうか。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の広がりによって、当たり前のように存在していた私たちの日常が、いま少しずつ変わろうとしています。
いままでの常識が非常識となり、思考や行動の根幹が形を変える──。
いつの時代も、私たちが新しい時代を生きるための標となってくれたのは「本」の存在です。
いまの時代に読むべき本を、教えていただけないでしょうか。

応募する

  • カドブン
  • BOOK WALKER

© カクヨム