パナマ保育園

「わーい! わーい!」


 最近、開園した『パナマ保育園』で子供たちが笑顔で遊んでいる。

 日本の2万人に及ぶ待機児童問題は『パナマ文書スキャンダル』によって一気に解消に向けて動き出した。


「タックスヘブンに租税回避していた政治家、有名人、大企業から大量の寄付が集まり、日本にも『パナマ保育園』が沢山できてよかったですね」


 石田三成は今日は黒いジャージの上下という私服で、ここで保育士している真田幸村に話しかけた。


「違法性はないということになったが、やっぱり、後ろめたいのでそういうことになったんだろうけど」


 幸村は微妙な表情で答えた。


「しかし、あの文書を盗みだしたのは誰なんでしょうね?」


「総勢400名にも及ぶ『ICIJ』とかいうジャーナリスト、専門家集団らしいが」


「僕の情報網では何者かが『パナマ文書』を彼らに渡したらしいですよ。幸村さんではないですよね?」


「まさか。さて、そろそろ仕事に戻りましょうか」


 幸村は何ともいい表情で破顔した。


 三成は彼の部下である佐助が『パナマ文書』を盗み出したことを知っていたが、自給3000円に跳ね上がった保育士のアルバイトも忙しいので、それ以上の追求は避けた。


 ちなみに彼の勤務する保育園は『ドランゴ保育園』である。




◇ パナマ文書を読み解く集団「ICIJ」とは何者か 調査に長けたジャーナリスト団体の素顔

http://toyokeizai.net/articles/-/112693?page=2


◇ 『パナマ文書』で大企業に追徴課税すれば保育園がつくれるのではないか?

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880246141/episodes/1177354054880813651

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます