211/八月十四日3~消えた蒼い線

 今日もネットカフェに泊まる。


 狭く区切られた個室の中で、ジョーは虚空を見つめている。


(割りあてられた奇跡は、もう終わりだって、何だよ)


 結局自分はイジけているのだ。大切だと信じたものが、ここで終わりだとどうしようもなく否定される現実を前に。


 こんなみっともない自分を、叱咤してくれる存在に思い当たった。だけど彼女ももういない。


 苦しくてどうしようもない時に、それでも勇壮なるあり方をジョーに補強してくれていた、背骨の蒼い線ももう、消えていた。


(そうだ。エッフェル搭。愛想を、つかされたんだった。違うな。彼女は悪くない。優先順位を付けただけだ。分かってる。俺だってそうだ。それは、正しい)


 金色の髪をなびかせる、凛としたエッフェル搭の姿が思い浮かんだ。どうしてあそこまで自分に助力してくれたのか、詳しいことを聞きそびれていた。だけどもう、問うことはないだろう。


 信頼は築いてもいつか壊れる。


 暗闇の中は冷たい。暖を取るものも、寄りかかれるものも何もない。


 悲しみにくれた中、ジョーは一人の人間としてこの宇宙に問うように言葉を発した。


「どうしてこの世界に、キセキは定量しかないんだ……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!