第2話 頂き女子の素性

 ……


 ここからは私の持論で有るが……私の高校生時代。

 ちまたで騒がせているあの方と、良く似ている同級生がいた。


 名前は敢えてAとさせて貰うが、その同級生は愛嬌の有るAで有った。

 性格も優しい性格で有り、第一印象で良いと感じる人の方が多いだろう。


 正直言って、あの画像を見た時は……『まさか、此奴。こんな世界へ歩んだの!?』と、思ってしまった。

 でも、直ぐに赤の他人と気付いた///(その前に年齢が可笑しいだろ!)


 顔は美人では無いが、その愛嬌の良さで、密かにAに恋心を抱いている男子も多かった……

 Aの家は母子家庭で有るが、母子家庭での生活の方は、特に問題は無かったそうだ。


 只。Aは中学生時代に苛めを受けており、心にかなりの傷を背負っていると、風の便りで聞いた事が有る。

 Aは中途半端な可愛さの所為で、中学生時代は苦労をしていたらしい。←でも、私から見れば羨ましい!?


 ☆


 先程。上記で書き記した通り。

 Aは美人では無いが、モテている部類に入る。


 勉強の方は悪い方に入るが、気に入った科目だけは並以上の成績を出していた。

 体を動かすのは好きらしく、体育も毎回楽しんでいた。


 また、校則も緩い高校で有ったので、頭髪を染めても特に問題は無かった。

 AはAなりにファッションへ気遣って、男受けする姿形を良く作っていた。


 Aの過去苛め経験からか、強者な男性を護衛にして私(己)の地位を保とうとしたらしく、常に強い男性(地位・経済力を含む)を求めていた。

 その為。男漁りの激しいAであり、短期間で男をコロコロと変えていた。


 振られた男の方も素直に諦めており(?)、付き合ってみると意外に扱いにくいAで有ったかも知れない?


 ☆


 最後は高校生の癖に中年男性を主軸にして、Aは己の地位を作った。←Aの事実上彼氏を見た事有るが……別にイケメンは無いし、私に惹かれる物を感じなかった

 中年男性も現役女子○生と関係が作れて、お互いがWin-Winの関係で有った。


 どうやってAが中年男性と関係を持ったのかは、私は知りようがないが、Aはそうやって、強い護衛を隷下に入れて卒業していった。

 その彼を作った後のA高校生活は順風満帆であり、また、その護衛かれしを本当上手に活用したので、Aを敵視するどころか、Aになびく者も多かった……


 ☆


 これが『頂き女子』とどう関係するのだと、思う方も多いだろうが、Aその中年男性を本気で好きでない。

 だが、中年男性がAをベタ惚れしていると、これも風の便りで聞いた事が有る。


 信憑性は無いが、中年男性はその経済力(?)を使って、Aの求める物を与えたり、Aの思い通りに成るように、中年男性がAの下僕のように動いていたらしい?

 Aはに変身はしなかったが、中年男性は女子(A)に貢いで、Aとの関係を事実上深めた……


 もし、Aがに成っていたら、確実に中年男性から財産を搾り取れていただろう。

 逆の意味で言えば、A無知のお陰で、中年男性はAの良い部分だけを得られた事に成る。


 高校卒業後のAと中年男性の関係は知りようが無いが、私は過去にの元と成る姿を見ている。

 次回は、頂き女子に成れるかを考えていきたい。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

頂き女子になるには?? 小春かぜね @koharu_kazene

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ