離婚して実家に帰り幼馴染と再会したら、彼女はシングルマザーになっていた。

さとうはるき

第1話 故郷に降り立つ。

 港に到着したフェリーから、少し不安定な足場を渡り僕は船を降りた。


 中学まで住んでいた故郷の離島。生まれ育った町。島全体の人口は約四百人。島の学校は中学まで。高校生になると、僕は実家がある離島を離れ、本島の全寮制の男子高校に行った。高校を卒業してからは、一度もこの地に帰っていない。


 ため息を吐き、どんよりとした重い気持ちで周りを見渡す。約十年ぶりの地元の町並みは、昔とほとんど変わっていなかった。


 港から約三百メートル離れた場所に僕の実家はある。荷物は宅配便で送っているので、手ぶらの僕は歩いて家へと向かうことにした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る