異世界ゲームへモブ転生! 俺の中身が、育てあげた主人公の初期設定だった件!

東導 号

第1話プロローグ「俺氏25歳は、某・ダークサイド企業に勤める貧乏リーマン」

俺、ケン・アキヤマ25歳は、某・ダークサイド企業に勤める貧乏リーマン。


絶対的支配者のようにふるまう超ワンマン社長、コバンザメのような超ごますり部長に、あごでこきつかわれながら、いつか幸せになりたいと夢見ていた。


「今の若い奴は甘すぎる! すぐ楽をしたがる!」 


「わしが若い頃はな! お前の100倍は働いたぞ!」


「定時3時間前に出社して、定時の3時間後に退社しろ!」


「昼休みの飯は5分で済ませろ! 残りは仕事! わしはずっとそうしていた!」


「目標営業数字を思い切って10倍にしろ! 背水の陣で頑張れる!」


「俺は気合でノルマをクリアした!」


「俺の仕事は教えない! 見て、おぼえろ!」


「人間死ぬまで我慢だろ! 耐えられなくとも退職するまでは辛抱だ!」


「ピンチを気持ちで! 精神力で乗り越えろ!」


「お前は根性が全く足らん! 最後の決め手は根性なんだ!」


「はい! と言え! いいえは聞かん!」


「お前は、どういう育てられ方をして来たんだ!」


「客と酒で仲良くなれ! 自腹でどんどん飲みにケーションだあ!」


「経費は徹底的に節減! 但し、社長と部長の接待交際費は大増額!」


ああ!

もう、うんざりだ!


思わず苦笑し、それ、ある!ある!ある!ある! 全部あるよ! と頷くくらい、

今、モニター画面をご覧になる『心当たりのある方』は、相当多いと思う。


そうです!

このまま、もしくは近い事を言う上司、先輩おじさんは、世間にたくさん居るのだ。


そして、俺の会社のワンマン社長とごますり部長は、

100倍くらい、盛りに盛った昔の『自分自慢語り』をさく裂。


1日中、働きづめで疲れ切った俺に対し、

意味のない精神論を熱く語る事に終始していた。


先輩から聞き、呆れた。

俺が入社する前から、そんな訓話ばっかりらしい。


今日も、明日以降も、ふたりの同じ話は間違いなく、ず~っと続いて行くだろう


そして、ふたり揃って、具体的な施策も提示せず、最後には

「全社員、足で稼げ! 知恵を絞り、営業数字を上げろ!」

と言うばかり。


社員達の先頭を切って戦いへ挑む、重い責任を背負う役職者のはずなのに、

いっつも社内の自分の部屋へ閉じこもり、完全に口先だけの存在、

自分だけは非難されない、安全な場所に居る『外部の評論家』と化していた。


まあそういう自分に甘く他人に厳しい、

『外部の評論家』は、どこの会社でも居るようだ。


けど、特にウチの会社は酷かった。


そんな状況で、社長、部長とも「業務成績、V字回復だ!」

「営業売上の前年比プラス150%目標だ!」とか抜かすから、

何をか言わんや……


これでは、バイバイの「退職者続出!」も、やむなし。


俺も既に、ライトサイドな職場を求め、転職活動を開始していたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る