【㊗1000音声作品化】色々なヤンデレの女の子に色々な手段で縛られ監禁され滅茶苦茶に愛されてしまう♡

空上新奇

ヤンデレ幼馴染「もう、我慢できない……」

(開幕、チャイム音)


ん~っ! つっかれたぁ~!


今日も授業、大変だったよね~


つまんない割には、やることおおすぎぃ~~!


ま、今日のところもはやく帰って、おうちでのんびりしよ~


ってことで、さ、早く帰ろ!


……ん? どうしたの? はやくいこうよ。


え? 大事な話?


……んも~、そんなの帰り道でいーじゃーんっ


ほーら、はやくいこっ。その大事な話?とやらも早く聞きたいしっ


ささっ、早く教科書詰め込んでぇ~っと、はい、バッグもって、いくよ!


(帰路)


あー、もう夕焼けになっちゃってる時間じゃん!


日が落ちるの、早いな~……なんだかちょっと肌寒いし。


あ、ってかきみ、なんだかあったかそうじゃん!


ほれほれ、体温よこせ~! ほっぺうりうり~~。


……え、どう、したの? やめてくれ?


……い、いつもの冗談じゃーん? 何をいまさら~、うりうり~


……え、本気でやめてくれ、って、きみ、いきなりどうしたの?


な、なんで? 怒っちゃったの?


違う? ならどうして……


……好きな、人ができた?


それが大事な話ってこと?


そう、なんだ……。


そっかそっか! 好きなひと、か~


よかったじゃん、ね~


あ、もう、私の家、着いちゃった。


……ねぇ? もう、私とは、こうして一緒に帰ったり、


くだらないことしゃべったり、でき、ない?


……そっか、できない、よね。


ごめん……最後に、ぎゅって、しても、いい?


……うん、ありがと(ぎゅっ)


(片耳にささやき)私としかいろんなこと、出来なくさせてあげる(スタンガン)


(場面転換)


あっ、おはよ~。


どう? ベッド気持ちいい?


そっか~よかったぁ~、これから、きみが一生暮らしていくところだからね。


きみの顔見てれば、聞きたいこと分かっちゃう……さすが、幼馴染の私、よね


そう、両手両足の拘束は逃がさないため、それをやったのも私。


でも、しょーがないよね……きみがいけないんだよ?


生まれたときから、死ぬまで……いいえ、死んでも、生まれ変わってもずっとずーっと一緒のはずなのに


あんなポッと出の女と付き合うなんて……浮気は、いけないんだよ?


だから、私が君に、ちゃーんと、運命の相手を教えてあげるの。


……ほんとはね? ここからも、甘酸っぱい恋愛して、


お互いがゆっくり、でも確実に愛を深めていって、


お互いがお互いを必要なんだって認識して、


そして、一緒に幸せな家庭を作って、


子どもたち、孫たちに囲まれて……


そんな一生を二人で、だれにも邪魔されずに作っていくつもりだった……。


だけど、君はそんな運命がわかってないみたいだし、


それに、何より私も、もう、我慢できなくなっちゃったし……


本当は何年もかけて、君と私だけでいろいろな経験をして、


でも、君と私は、絶対に離れない関係でいるはずだったけど……


こうなったら、一気に関係を縮めないと、だめだなって思ったの。


きみも、そう思うでしょ?


……ふーん、まだわかってないんだ?


ほら、これ……君のスマホ。君の元彼女とのライン。


『君との関係は遊びだったんだ。じゃあね。二度と関わらないで』


あはっ。だからね? 運命って私と結ばれるように出来てるんだよ……?


じゃあ、さっそくだけど今日から、調教してあげるね……?


泣いたって、わめいたってやめてあげない……


でも、あなたもすぐに分かってくれるようになるから……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る