転生貴族はチートで異世界を豊かにします。

Nami

転生編

プロローグ

西の空がうっすらと明るい。部活が終わり、いつも通りの道をいつも通りの時間に帰る。

冬が近づき、暗くなるのが徐々に早くなっている。


「今日も疲れたな...」


僕は七草翔太。

高校2年生の17歳だ。部活は剣道部に所属し、昨年は1年生にしてインターハイベスト8の成績を残した。ベスト8の結果を残すほどであるから、学業を疎かにしていると思われるだろうが、定期テストでは常に1位だ。とにかく文武両道を目指し日々頑張ってきた。ちなみに、顔立ちは上の下くらいである。


なぜ翔太がここまで頑張るかには理由がある。翔太には家族がいない。

翔太が生まれて間もない頃に両親を事故でなくした。

翔太は祖父母に引き取られたが、祖父は3年前に、祖母は昨年、翔太が高校に入学し、3ヶ月後に亡くなってしまった。


祖母までいなくなり、頼る人がいなくなっため、バイトをする為に部活をやめようと思った。しかし、祖父母は翔太の為にお金を遺してくれていた事を祖母が亡くなった数日後に訪ねてきた弁護士さんに聞かされた。なんと、バイトをすることなく、大学を卒業できる程の大金だ。


本当に感謝しかなかった。両親が亡くなってここまで育ててくれたのに、お金まで遺してくれていたのだ。

翔太は、この恩に報いる為に勉強、部活両方を一生懸命頑張ってきた。


しかし、翔太の人生も終わりが近づいていた。


「きゃーーー」


女性の悲鳴が聞こえた。

「にっ、逃げろー」

それと同時に前方からたくさんの人が走ってこっちに向かってくるのが見えた。


前方で何か起きているようだった。そう思った翔太は急いで悲鳴の聞こえる方へ向かった


駆けつけるとそこにはナイフを持った目の血走った男と複数人が血を流しながら倒れていた。辺りは血だらけだが、被害にあった人々はまだ息をしている様に見えた。


今止めなきゃ被害が広がる…

そう思った翔太は、ナイフを持った男に飛びかかった。


「離れろ、邪魔だ。」

「いい加減にしろ!ナイフを離すんだ!」


翔太は必死になってナイフを持った男を抑えようとした。

何とか男の動きを抑えているとパトカーのサイレンが聞こえてきた。飛びかかって数秒の事だ。


「よかった、警察だ。」


翔太は安心した。

しかし、安心と同時に一瞬力が抜けてしまった。

その瞬間、男の持つナイフは翔太の腹部に突き刺さっていた。


「うっ...」


翔太の腹部からは大量の血が流れ出ている。次第に力が入らなくなっていた。

そして翔太の瞼が自然と下がる。


翔太は死んだ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る