何やっても世界が滅亡するクソゲーに悪役令嬢として転生したけど、しぶとく生き残ってやりますわ!

タカば

プロローグ

悪役令嬢の大いなる挫折

なんでこんなことになったのよ!


私は世界で一番かわいい子なんでしょ?

私は一番キレイでステキで、愛さずにはいられない子なんでしょ?


だから、最高のオシャレをしてお茶会に参加したのよ!


なのに、キラキラの銀髪をした男の子は

「女の子って弱いから遊ばないよ」

って言ってどっかに行っちゃうし!


金髪の王子様は

「ひとりでお茶が飲みたいから、ごめんね」

って言って同じテーブルに座らせてくれなかったし!


泣きボクロのお兄さんは

「子供がうろちょろするな、帰れ」

って言ってつまみ出そうとするし!


なんなのなんなの!

みんな私の言うことなら何でも聞いてくれるんじゃないの?

私が一番ステキでかわいいレディだから、何でも望みがかなうんじゃないの?


どうして誰も私の言うことを聞いてくれないの!

どうして誰も私のことだけ見てくれないの!


「おい、泣いて暴れるようなら……」

「うるさい! 私悪くないもん!」


泣きボクロのお兄さんの手を振りほどいた瞬間、私の体がぐらりと傾いた。

買ったばかりの赤い靴が、芝生の上で滑る。


「きゃあっ!」


テーブルに思い切り頭をぶつけて、目の前が真っ暗になった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る