世界⇔異世界 THERE AND BACK!!

西順

第1話 転生? 転移? 居残り?

 トラックに轢かれて異世界に転移・転生するなんてのは、ラノベではもうド定番の導入だ。だからどうした。そんな事態は俺の人生には起こりえないと思っていた。


 目の前にトラックが現れるまでは。



 その日俺は、学校帰りの夕方、友人たち五人と自転車で橋を渡っていた。


 それなりに通行量の多い橋だが、見慣れた風景で見晴らしも良い。いつも通りであれば事故なんて起こりようがなかった。だがその日、そんな橋に天使が舞い降りた。


 何を言っているんだ? と事情を知らない人なら訝しがるだろう。俺一人がそれを見たのなら、見間違いで片付けられるが、その日橋で天使を見た目撃証言は俺だけではなく、何人もの目撃者が証言している。


 俺をはねたトラックの運転手もその目撃者の一人だ。


 トラックの運転手は、いきなり目の前に現れた人ならざる者にして、人に良く似たそれを轢くまいと、トラックのハンドルを切り、そしてその先に俺がいたのだ。


 橋は天使が舞い降りた事で大混乱に陥り、多重衝突がそこかしこで巻き起こり、死者、重軽傷者、行方不明者を多数出す大事故となった。


 俺が運良く生き残れたのは、トラックにはね飛ばされて川に落ちた事が幸いしたらしい。


 そう、俺は死んで転生した訳でも、トラックに轢かれてそのまま転移したのでもなく、現実世界に生き残ったのだ。



 気付いた時には既に病院のベッドの上だった。


 トラックに轢かれたと言うのに、幸いにして俺は軽傷で、数日で退院出来るとの事だった。


 心配していただろう家族が直ぐにやって来て、いまだ前後不覚な俺を抱き締めては「良かった良かった」と泣いて喜んでいた。


 軽傷だった俺は、そこまで喜ぶ事だろうか? と不思議に思ったものだが、理由は直ぐに分かった。


 家族が出ていくのと入れ替わりに、警察が事故の事情聴取にやって来たのだが、そこで驚く事を知らされた。


 友人たち五人と橋を渡って帰っていた俺だったが、トラックに轢かれて生き残ったのは、俺ともう一人だけだったのだ。


 二人はトラックに轢かれて死亡。二人は未だ行方不明だと言う話だった。生き残ったもう一人も両手足を骨折と、事故は俺が想像するより、余程陰惨なものだったようだ。


 天使の目撃証言が事故の被害者、加害者双方から多数上がっている事から、俺にもその話を振られた。確かに俺もいきなり天使が現れたのを見た。と証言すると、警官たちは何とも言えない表情を浮かべていた。


 天使の夢を見たか? と聞かれたが、それには首を横に振るった。何故そんな事を? と逆に尋ねると、何でも今回の事故を巻き起こした張本人の天使が、事故に見舞われた人たちの夢枕に立って願いを聞いているらしい。そんな事あるのだろうか?


 だが実際、夢枕に天使が立ってから重傷者は驚異的な回復を見せていたり、軽傷者や加害者となった者の所には、宝くじの一等当選の報告が舞い込むなど、まるで天使が事故の埋め合わせをしているかのように、不可思議な事が続出しているそうだ。



 そんな事本当に起こっているのか? と訝しんでいた俺だったが、その日の夜、確かにあの日見た天使が俺の夢に出てきた。


 銀髪に金色の瞳、整った顔立ちはこの世のものとは思えない程美しく、透き通るような白い肌を、同じ白い衣が被い、背中には白鳥のような翼が付いていた。確かにあの日見た天使だ。


「こんばんは、お兄さん」


 鈴のように美しい声は、男とも女ともとれる声だった。思えば体つきも華奢で、男とも女ともとれる中性的な感じだ。


「えっと~、こんばんは」


 夢の中で対面する天使に、俺は返事をする。美人なんて正面から見慣れないからだろうか、何だかちょっと緊張する。


「遅くなってごめんなさい。あの事故の謝罪に来ました」


 天使は反省しているのだろう。美しい顔も翼もシュンとしている。


「望みがあれば仰ってください。私に出来る限り叶えます」


 成程。様々な不可思議な事が起こっていると言うのも、あながち警官の嘘じゃないのかも知れない。いや、警官のあんな話を聞いたから、こんな夢を見ているのかも知れない。


「どうかしましたか?」


「いえいえ」


 俺は愛想笑いで場をごまかす。さて、どうしたものか。いきなり願いを叶えます、と言われてもな。凡人の俺には特に思い浮かばない。俺は平々凡々と生きられれば良いのだ。


「願いを叶えて貰う前に、いくつか質問しても良い?」


「ええ」


「何であの日、あの場所にいきなり現れたの?」


「それは……」


「それは?」


「お恥ずかしい話、私はまだ新人なのです。その為、転移魔法の空間座標がズレてしまって……」


「思いがけずあの橋の真ん中に転移してしまった、と?」


 天使は顔を真っ赤にして首肯した。いや、ちょっとかわいいな。なんて思ったけど、あの事故で死者まで出ている。俺の友人たちも死んでいるんだ。それで許してやろうとはならないな。


「俺の願い……、あの事故で死んだ友達を生き返らせてくれ、ってのは無理なのか?」


「無理ですね」


 そうか、天使でも無理か。


「何せ、あの事故で死亡されたお二人は、既に別の世界に転生されましたから」


 は?


「どう言う事?」


「今回の事件の関係者様には、程度の酷い方から順に謝罪をさせていただいているのです。お兄さんの死亡されたご友人方には、真っ先に謝罪に行き、その要望を叶えさせていただきました。お二方とも、この世界に生き返るより、異世界への転生を望まれましたので、そのように、手配させていただきました」


 なんじゃそりゃ!?


「え? じゃあ行方不明の二人は?」


「そちらのお二方も異世界への転移を望まれましたので、そのように」


 なんだそりゃあ!?


「ええ~と、俺って何番目の謝罪なの?」


「……最後です」


 どうやら俺の怪我が一番軽かったらしい。


 しかし、我が友よ。死亡した二人はともかく、行方不明の二人まで異世界行くとか、どうなってるんだよ。死んでなかったんだろ? そんなに現実がいやだったのだろうか?


 こうなってくると、俺も異世界転移なり転生なりした方が良いのだろうか?


「なあ」


「はい」


「仮に俺が異世界に転移したとして、その世界ってどんな世界なんだ?」


「それはある程度ご希望に添えると思います」


「そうなの?」


「はい。この世界と似た世界がお望みならば、そのように取り計らいますし、もっと科学文明の発達した世界や、人間のまだ生まれていない原初の世界なども選べます」


 へえ、意外と幅広く取り揃えてるんだな。


「ですが何故かほとんどの方が剣と魔法の世界、それもステータスやパラメータ、スキルなどのあるゲームのような世界を望まれ、その世界に送り届ける事になりましたが」


 まあ確かに。剣と魔法の世界に憧れはあるよな。と言うか、俺の友人たち以外にも異世界に行った奴がいるのか。


 さて、俺はどうしたものかな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る