ポジティブシンキング童話 🌄

上月くるを

第1話 象と星と 🐘 ✭




 4本の足に重い鎖をいく重にも巻かれた母さん象は、森の木材を運び出したり、人や荷物を乗せたりして1日中働きづめでしたが、半年前に生まれた赤ちゃん象がいつも一緒にいるので、自分のことより、その子の無事が一番の気がかりでした。


 夜になっても、がんじがらめに巻かれた足の鎖は解いてもらえません。粗暴な男たちに大声で怒鳴られたり、容赦なく鞭で打たれたりしないだけましですが、ふたりだけになって大喜びで甘えてくる赤ちゃん象を鼻でやさしく撫でてやりながら、

 

 ――やがて、この子も同じ目に遭うのだとしたら……。

 

 母さん象は真っ暗なジャングルの上に広がる空に、長く深い溜息をつきました。


 とそのとき、チカチカ光っていたひとつの星がすうっと尾を引いて流れました。


 何を隠そう、それはそう遠くない未来に起こるはずの吉兆のしるしだったのです。

 

 

                🌠

 

 

 しばらくして、その国の法律が改正され、象たちは重労働から解放されました。


 法の目をかい潜り、闇で働かせようとする人間には国際社会がきびしい罰を与えたので、重い鎖を引きずって歩く象のすがたは、すっかり見られなくなりました。


 夜のジャングルで悲しみに暮れていた母さん象と、大きくなった子どもの象も、細いやさしい目を和ませ、象仲間や善良な人間たちと穏やかに暮らしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る