せっかく異世界に転生したのだから何があろうと楽しむことに決めた

作者 出井啓