どんでん返しロボ☆ドンデンガー!

山岡咲美

chapter01「アバンタイトル・南極怪獣」

 それは南極に現れた。



「2045年南極点に落下した数千万個の巨大な隕石卵いんせきたまご、総質量が地球の0.02パーセントにも及ぶその石の卵により我等が地球は重心のバランスを崩し地軸がずれ南極が赤道へと移動した」

 白衣の女性が巨大なモニターの前で話し始める、取り囲むように客席はあるが誰1人、人はいない。


「その移動に掛かった100年で我ら方舟が保護した生物を除くほとんどの主が絶滅した」

 その会場の様子を人類ネットワークに繋がった脳内デバイスで見る男が話を続ける。


「そして[エッグフォール]卵落としと人類が名付けた厄災はそれだけでは済まない」

 白衣の女性が更に続けモニターを見て指を鳴らす。


 モニターに二足歩行する何かが写し出される、随分とカメラが下から撮っていたがその映像はカメラを向ける人とおぼしき物をまたぎその踏み込んだ衝撃でそれを吹き飛ばした。



「「人類はこれを倒さねばならない!!」」



 白衣の女性とデバイスの男が声を揃える。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る