10月18日(日)

 どうも、今週中に悲恋記の中巻、出来たら下巻をあげたいと思っている原田むつです。


 今日は髪切りに行ってきたんですよ、床屋に。

 少し前までは、結構おしゃれな美容院に行ってたんですが、家族ぐるみでお世話になってる小さめの床屋の方に最近はお世話になってます。

 え?なぜ変えたのかって?(聞いてない)

 それはこんな裏事情があるのです……(お構い無し)


 ――美容院

 原田「とりあえず、短めにお願いします」

 美容師「わかりました」


 この美容師さん、結構イケメンでした。

 それに対して原田は、見た目からわかるくらいのキモオタ根暗インキャなんです……。

 だからですかね。


 美容師「アニメとか、見られるんですか?」

 来やがったよその質問。

 マジで嫌なんだよ、美容室で話しかけられるの。

 でも私はこういうこと結構あるので、慣れた声でこう答えました。


 原田「見てますよ、ワンピースとか、鬼滅とか」


 これで終わればよかったんですが……。


 美容師「そうなんですか、他には?」

 原田(他には!?)


 これはマジで予想外だった。

 結構マイナーな奴ばっか見てたんで、とりあえずこの人が知ってそうなアニメ考えていると。


 原田「あ、fate!fateとか見てます!」

 美容師「あぁ、ステイナイトですか!」

 原田(それ十四年前の奴!!)

 原田「えっと……アポクリファです」

 美容師「ははは、知らね」


 他の従業員さんに罪はないけど、俺もうここ使わん。

 そう心に決めた出来事でした……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る