9月30日(水)

 どうも、最近めちゃくちゃ眠いけど授業中は流石に眠れないので、自分の手をつねってたら、見に覚えのない傷がめっちゃ出来た原田むつです。


 今日は面接に使う志望理由を書いてました。小説書いてるお陰か、真っ白な紙がすらすらと真っ黒な文字で埋まっていって、担任の先生も「速っ!!」と驚いてました。へっへっへ、してやったりだぜ。


 そう言えば今週は『中秋の名月』なんですよね、一年で最も美しく月が見られる日。


 これは『単眼記』で触れようと思ってる話題なんですが、この時期は雨や曇りになることが多いので、昔の人は月見団子を見ながら夜空に浮かぶ月を想像していたらしいです。若干苦し紛れにも見えますが、実際に見るより想像した方が何倍も大きくて綺麗だということを、当時の人は知ってたんでしょうね。


 昔の人の知恵とか感性って凄いなぁ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る