青のロック・ストリート

和弓カノン

プロローグ


 ステージに溢れるスポットライトの光。

 ドラムが刻む軽快なリズム。

 奏でるギターの歪むサウンド。

 響くベースの重低音。

 キラキラと輝くシンセサイザーのメロディ。

 ヴォーカルのシャウト。

 沸き起こる歓声。

 興奮で満たされる空間。

 全身全霊でパフォーマンスするバンドマン。

 ロックを全身に浴びるオーディエンス。

 振り上げる腕。

 ウェーブのように揺れる手のひらの群れ。

 飛び散る汗。

 一斉にジャンプ。

 満面の笑顔。

 コール・アンド・レスポンス。

 皆んな揃ってコーラス。

 ハンドクラップ。

 アンコールを叫ぶ声——


 それは、ロックバンドの奇跡。

 過去より引き継がれながら、人々の縁を繋ぎ、世界中を巡り、転がり続ける……



『バンドブーム』

 1988年から1990年——昭和の終わりからから平成の始まりにかけて、多くのロックバンドが世の中を騒がせた。

 それまで、流行歌といえばアイドルや演歌・ポップスなどの歌謡曲だったが、ロックバンドがヒットチャートの上位を独占したのだ。

 さらに90年代は『ヴィジュアル系ロックバンド』が、音楽シーンを席巻した。当時の少年少女達はバンドマンに憧れ、バンドを始める男子、熱狂的ファンになる女子が急増した。


 しかしブームというのは去るものであり、若者の人気はあっという間にアイドルやダンスグループに取って変わられた。

 そして急速にブームは収束して、多くのバンドが解散または活動休止してしまった。

 だがそれでも続けるバンド、新しく始める若いバンドは増え続けた。ロックサウンドは人々の心を掴み魅了していたのだ。


 それからも、全国のライブハウスやコンサートホールで頻繁にライブが開催された。

 多くのバンドが集まる『ロックフェス』イベントが、夏だけでなく年間を通して開催され、何処も何千、何万人もの観客を集めた。

 ロックはすっかり日本の音楽シーンに定着したかと思われた。

 だが、しかし……


 21世紀になってから10年も過ぎた頃には、ロックが”若者の音楽”というのは過去の話となっていた。

 90年代に若者だったロックバンドのメンバーは高齢になり、ファンも一緒に歳を取った。

 かつての演歌やクラシック音楽と同じように、ロックも中高年が楽しむものになっていた。

 さらに、バンドマンは老化による体力の低下・病気でライブ活動が出来なくなり続々と引退してゆき、ロックバンドの数は年々減少していた。


 そして2020年。

 世界中のエンターテイメント業界に、追い打ちを掛ける出来事が起こった。

 ——新型ウイルスの脅威。

 それは年明けからまたたくまに感染が広がって、日本でも都市部を中心に感染者が激増した。感染力が高く、重症・死亡に至る可能性もあることから、人が集まるライブ・コンサート・イベントの開催が一切出来なくなったのだ。特に小〜中規模キャパのライブハウスは感染のリスクが高いと判断され、閉店を余儀なくされた。

 ロックバンドはライブが出来なくなり、インターネット配信ライブ、動画配信イベントに切り替えていたものの、それも1年も過ぎれば先の見通しが立たないことで活動を辞めて、バンド活動から引退せざるを得なくなってしまった。


 ロックバンドを志す若者もいなくなってしまった。音楽でプロとして活動する者はコンピューターによる楽曲制作であり、ライブ演奏は行わない。

 アイドルやアニメ・ゲームソングで”ロック風”の音楽は存在しているものの、『ロックバンド』は、音楽シーンのメインストリームから姿を消していった。

 そうして、一時代を築いてきた数々のロックバンドの姿は、人々の記憶から忘れられていった——



 2035年。

『ロックバンド』は、日本のエンターテイメント業界から消滅した。


 これは、ロックバンドが消えた世界で、ロックバンドを作ってエンターテイメントの頂点を目指す少年達の物語である。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます