諦めないから。【手嶋×相田】

僕、手嶋恭介が顧問を務める吹奏楽部には少し困った女子生徒がいる。


「ダーリンおはよ!」


朝から僕の方に走ってきてハイテンションで挨拶をするこの生徒が問題児、相田心美。

うちの高校の2年生だ。


「おはよう。先生をそんな呼び方するんじゃないぞ。」


「えー、いつも呼ばせてくれるじゃないですかー。夢の中で!」


「夢と現実の区別くらいつけなさい。」


「はーい。」


「ほら、早く教室に行かないと遅刻なるぞ。」


「あ!ほんとだ!じゃあね、ダーリン!」


相田は下手くそな投げキッスをして教室に走って行った。


相田は僕のことが好きらしい。

先生として好きなのであればこれほど嬉しいことは無いが、相田は違う。

異性として好きらしい。


嬉しくないかと言われると正直悪い気はしない。

しかし正しいことではないのは明確だ。

だから彼女には諦めてもらわなければならない。

最悪、僕の教師人生が終わるかもしれないのだから。



日中の授業が全て終わり、音楽室には吹奏楽部の部員達が続々とやってくる。

部員が全員集まるとミーティングを行い、各々練習に向かう。


今日は各教室で楽器毎に別れて練習だ。

こういう時、僕は各教室を廻って練習を見てやるようにしている。

クラリネットの教室に着くとヤツの声が響く。


「ダーリンだ!待ってたよー!!!」


「だからその呼び方やめろ。1年生がマネするだろ。」


「なんで?私以外に先生のことダーリンって呼ばせないよ?それともまさか、浮気...」


「ちげーよ。ってか浮気も何も付き合ってすらないだろ。」


「私とは遊びだったのね。あんなに愛し合ったのに。」


「はいはい、練習練習。わからないところはないかー?」


「あー!今無視したー!ダーリンひっどーい!」


本当にめんどくさい。



1人1人の課題に答えていると相田が僕を呼んだ。


「何がわからないんだ?」


「どうすれば先生に私の愛が届くのかがわかりません。」


「届くことはありません。他にわからないところある人いないかー?」


「あ、ちょっと待って!じょーだんだって!」


「なんだ、まだなんかあるのか。」


「クラリネット吹いてる姿って、ちょっとエロくなーい?」


「エロくない。もう他の教室行くぞ。」


「えー、あと3時間くらいいてよー。」


「その時間は部活終わってるだろ。じゃあ次の教室行くから、みんな聞きたいことがあったら来いよー。」


さっさと教室をあとにする。相田が何か言っていたが聞こえないフリをした。




一通り全ての教室を廻り音楽室に戻ると、相田が僕の椅子に座っていた。


「相田何してるんだ。練習は。」


「先生に会いに来たの。悪い?」


「聞きたいことであるのか?」


「うーん、じゃあ」


相田は椅子から立ち上がると、僕の方に歩いてきた。


「私、先生のこと本気で好きなんですけど、どうしたら振り向いてくれますか?」


「あのなあ。」


相田の真剣な表情に、僕はあしらうことを躊躇した。


「先生と生徒の恋愛は問題でしかない。最悪僕にその気が無くても教師を辞めさせられるかもしれない。だから僕は何をされても振り向かない。」


「じゃあ私の気持ちはどうすれば良いんですか。」


泣きそうな目をするなよ。

僕が悪いみたいじゃないか。


「まあ諦めるしかないな。」


「先生、恋ってそんなに簡単に諦められないですよ。」


「だけど諦める以外はない。」


「それだけで諦められるなら恋じゃないです。」


「16年そこそこしか生きてないガキが恋を語るな。大人になればわかるさ。」


「私が大人になったら、チャンスはありますか?」


「さあな。」


音楽室にクラリネットの1年生が入ってきた。


「相田先輩、パートで合わせるんで来てください。」


「わかった!ありがとね。」


1年生が出ていくと相田も音楽室の出口に向かう。

音楽室を出る寸前に相田が笑顔で振り向いた。


「私、諦めないから。」


ガチャリとドアが閉まると僕は大きくため息をついた。


「めんどくさい。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る