友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこして来たのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう

作者 としぞう

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第7話 兄に叱咤されたり頼み込んだりし…へのコメント

    ポンコツで可愛いは、反則だぜ。

  • 第42話 後輩たちとオープンキャンパス…へのコメント

    ひさしぶりの更新ですね
    待ってました

    やっと勘違いって気づくかな?
    いや無理か笑

    作者からの返信

    大変お待たせしました・・・!!!!!!

    2020年10月24日 18:49

  • 第40話 後輩がマイペースな話へのコメント

    かわいいからもう2人とも嫁にもらえ笑

  • 第33話 友人の妹に膝枕する話へのコメント

    なんですか、この可愛い生き物は…

  • 第33話 友人の妹に膝枕する話へのコメント

    求。これからは猫扱いすんなよキリ

  • 第25話 友人の妹とランニングに行く話へのコメント

    お外で1人にすると、ナンパされそう。

  • 第3話 友人の妹と買い出しに行く話へのコメント

    フォローして読み始めました。

    ステイホームなのでバックにKaren Souza嬢のアルバム [Essentials] CD→Flac24bit-176.4KHz→DSD5.6MHzを流しながら読ませて頂いています。…(^-^)

    「友人の美しき妹」が、惚れた男に怒涛の「ワンコイン人質的」な捨て身攻撃か?

    「ロックオンされた主人公の運命や如何に!」的な?

    最後の部分…
    >  そう、耳に吐息が掛かるほどの距離で囁いた。

    →  甘やかな匂いと共に、耳に吐息が掛かるほどの距離でそう囁いた。

       「ち、近いよっ!」

    だとどうだろうか?

  • 第20話 友人の妹に怒られる話へのコメント

    これで、自分の態度とかを意識するようになるかな?

  • 第8話 兄の借金のカタになって先輩の寝…へのコメント

    ヒロインの学校での話や付き合ってからの話が読みたいです

  • 第18話 友達の新たな一面を知った話へのコメント

    ライバル呼び込んじゃってどうするのさ。絶対再燃するし。まぁ落とす環境が整ってるから多少有利だけど、二人同時に存在すると、比較されるんだよなぁ。

  • 第16話 友達に先輩の惚気話を聞かせる話へのコメント

    え、りっちゃん何者!?

  • 第14話 友人の妹とメッセージを送り合…へのコメント

    まぁ。彼女(自分の物)を連れて実家に行けば、どんな反応されるかは目に見えてる。言質だけじゃなく、物的証拠は残しとかないとね。

  • 第13話 友人の妹と連絡先を交換する話へのコメント

    言ってる事や、行動がもはや奥さん。主人公は絶対に尻に敷かれるなぁ。

  • 第12話 友人の妹に本人の印象を話す話へのコメント

    アドレス交換くらいなら、完全放電でも電源ケーブル繋いで数分すればすぐ出来るんじゃ?フル充電待つ必要ないよね?

    作者からの返信

    その通りです。

    2020年5月7日 21:24

  • 第11話 友人の妹がスマホに対抗心を燃…へのコメント

    忘れて行っちゃうようじゃ、意味がなーい。
    やはりここは、朱莉ちゃんを携帯するしかないな。

    作者からの返信

    朱莉ちゃんが携帯持ち歩きますし一石二鳥ですね!

    2020年5月7日 21:24

  • 第9話 友人の妹の気持ちを察する話へのコメント

    合鍵ゲット。着々と作戦は進行しております。

    作者からの返信

    どんどんと永住の準備が……

    2020年5月7日 21:21

  • 第6話 兄に好きな人について相談した話へのコメント

    やはり兄が一枚噛んでたか。しかも本来の性格は、真逆。たまに本来の性格が表に出ると魅力がアップするかも?

    作者からの返信

    まだまだ緊張してる感じでしょうね!

    2020年5月7日 21:18

  • 第1話 友人が500円の借金のカタに妹…へのコメント

    (真面目モード)
    その計算…全然わからないですけど…
    君は一時間働きました。給料は一時間一千円。だから君は一千円を手に入れました。その中、五百円は借金の返済としてなくなったとしても、まだ五百円残ってます…
    (真面目モード完了)

    やっぱり恋はすごい動力になりますね…
    でもプラマイゼロって…なんか某麻雀専門家のJKが思い出しました…

    作者からの返信

    ここ書きたいことは伝わったと思うんですが僕自身はあまりちゃんと理解してないってのがポイントですね。

    私プラマイゼロしかできなくってぇ~(煽り)

    2020年5月7日 21:04

  • 第5話 友人に文句を言う話へのコメント

    兄はともかくとして、親は?年頃の娘が独り暮らしの男と同居。良く許したなぁ。確か夏休み中にって言ってたから、どうにか誤魔化してるのかな?

    作者からの返信

    良い読み!!

    2020年5月7日 21:07

  • 第4話 友人の妹が料理を振る舞ってくれ…へのコメント

    君の料理を毎日食べたいってのはプロポーズだからなぁ。本人全く意識してないけども。

    作者からの返信

    鈍感垂らし主人公(なお物語開始時からヒロインは落ちている模様)

    2020年5月7日 21:06

  • 第3話 友人の妹と買い出しに行く話へのコメント

    まぁほとんどの場合胃袋とともにハートもやられる。見た目も申し分なしだし、あとは落ちるだけ。

    作者からの返信

    むしろ胃袋掴まれなくてもハートがやられる可能性が高いですね……

    2020年5月7日 21:06

  • 第2話 友人の妹についてあれこれ考える話へのコメント

    兄も協力してたのか。弁当は忘れたんじゃなく、教室に来て主人公と顔を会わせるための口実か。

    作者からの返信

    家族ぐるみで殺しに行ってます。2対1で勝てるわけない(確信)

    2020年5月7日 21:05

  • 第1話 友人が500円の借金のカタに妹…へのコメント

    これ、再構成して連載して欲しい。

    作者からの返信

    短編の続きという形になりますが、
    なろうでのみ連載化していたのをこちらでも並行投稿していくことにしました。
    是非ともお読みいただければ幸いです!

    2020年5月1日 18:44

  • 第1話 友人が500円の借金のカタに妹…へのコメント

    続きも見たくなった
    過去どんな絡みがあったんだーとか気になる!(笑)

    作者からの返信

    続き、なろうでのみ投稿していたんですがこちらでも投稿することにしました!
    是非お読みいただければ幸いです~!

    2020年5月1日 18:43

  • 第1話 友人が500円の借金のカタに妹…へのコメント

    麦茶に砂糖は受け入れられない(強硬)

    一個下かー。一個下って微妙にパンチが弱いような。それなら正攻法で攻め落とせそうだし色気感じるのに忌避感覚えるのもそこまでか?って感じで。
    個人的には当時中3→現高1くらいがそもそも対象として見られてないとこから攻めるには良いんじゃないかなと思ったり?それに高3の夏休みって心配するとこそこより受験とかですし。

    作者からの返信

    年齢設定凄く悩んだんですが(大嘘)、
    僕はどうしても高校生で1人暮らしというのがピンと来なくて、でも実家に押しかけられてもママンがお節介しちゃうと思うので駄目だーって感じなんですよね。

    って書いてたら唐突に、
    友人⇒数歳年上だけれど趣味とかで出会ったため年齢関係無く対等な関係を築いている
    妹⇒友人の妹で主人公の年上or同い年だけど主人公を兄と慕っている
    という謎設定が浮かびました。エッチ。

    2020年4月25日 22:34